<フロリダ州のコンドミニアム崩壊と、残存部分の爆破解体を見て大喜び。犠牲者を見捨てるアメリカはもう「人権の灯台」ではなくなったと断罪> 7月12日に中国東部でホテルの崩壊事故が起き、中国の外交官たちにとって、なんとも皮肉な展開となっている。彼らは数日前までツイッターに、フロリダ州で起きたコンドミニアム倒壊現場の捜索・救助活動をあざ笑う投稿を続けていたからだ。 倒壊事故が起きたのは、江蘇省沿岸の蘇州市にある四季開源ホテル。地元当局によれば、3階建ての建物が崩れ落ち、瓦礫の山と化した現場では、現在も9人が行方不明になっており、600人以上が捜索に参加しているという。 13日の記者会見で、当局は、23人の犠牲者のうち14人が現地時間午前7時の時点で瓦礫のなかから救出されたと発表。8人の死亡が確認され、5人が入院し、1人が家に送られた。 行方不明者を含む犠牲者に関する情報はまだ明らかにされていない。当局は、18人の身元が確認されたとしつつも、詳細は明らかにしなかった。全員が宿泊客とみられている。 蘇州武江区の現場で捜索救助活動の調整にあたった地元消防署の職員チェン・シーアンは、救助は「非常に難しい」と記者団に語った。 「それほど高い建物ではないが、全体が完全に倒壊した。建物はすべて粉々になった」と、彼は説明した。 このホテルは客室54室の格安ビジネスホテルで、30年以上にわたって何度も名称を変え、昨年3月に新しいオーナーの下で営業を再開していた。 調子に乗った外交官たち 地元当局は、建物の構造を改変したことが倒壊の原因となった可能性があると見ており、原因調査するためのタスクフォースを結成した。 地元の緊急対応機関によれば、建物の倒壊は現地時間の12日午後3時33分頃に起きた。 一方、フロリダ州サーフサイド市でコンドミアムが部分倒壊したのは6月24日。この事故では94人の命が奪われ、22人がいまだに行方不明になっている。 中国の国営メディアは、7月1日の共産党建党100周年を前に、マイアミ郊外で起きたこの災害を大々的に報じた。 数日後に中国の外交官たちが口を出し始めた。彼らはアメリカと中国の公的な救助活動のあり方が対照的だと主張するツイートを投稿した。 フロリダ州の救助当局がハリケーンの接近に備えてコンドミニアムの危険な残存部分を爆破解体する決断をすると、中国メディアのアメリカ批判はさらにエスカレートした。残った建物は7月4日夕方に爆破され、20分後に救助活動が再開された。 中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)報道局長は7月7日、ツイッターに「フロリダ州のコンドミニアムでは100人以上が行方不明。なんと辛い!自然災害か、人災か?中国では考えられない」と投稿した。 「行方不明者を見捨てたアメリカ」 ===== 2日後に同省の趙立堅(チャオ・リーチエン)報道官も同じような内容のツイートをした。「まだ生存の可能性はあるが、アメリカは国民を見放した。#フロリダ崩壊」 趙のツイート以降、少なくとも30人の犠牲者の遺体がコンドミニアムの瓦礫のなかから回収された。 ブラジルのリオデジャネイロにある中国総領事館の李楊領事の2度のツイートも、アメリカの救援活動に対する痛烈な批判だった。 「アメリカの復活?でも倒壊現場に埋まっている人々は誰も戻ってきていない!!!」と李は7月3日に書いた。 建物の解体後には、「アメリカンスタイルの人間の救助はものすごく素人臭いが、爆破は達人だ!!!」と投稿した。 中国の倒壊したホテルの瓦礫の中で最初に犠牲者が見つかったニュースの後も、蘇州とサーフサイドの現場の比較は続いた。 「中国江蘇省にあるホテルの建物が12日に倒壊。救助作業は時間との戦いになっている。死者1人を含む9人が救出された。それ以外に9人がまだ行方不明だ」と、共産党の機関紙である環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長はツィート。「行方不明者はマイアミの救助活動のように見捨てられはしない」と、付け加えた。 「行方不明者を見捨てずに救う中国」 中国ネチズンは反発 このメッセージは、ツイッター上で批判もあったが、胡は中国の大手ソーシャルメディアサービス新浪微博(ウェイボー)でも繰り返した。 「蘇州市のホテル倒壊には胸が張り裂けそうだ。このような恐ろしい事故は起きてはならない。起きたときは、誰もが迅速かつ効果的な救助が期待される」と、胡は書いた。 「アメリカのマイアミの建物崩壊のようなのんびりとした(対応)と、(犠牲者の)遺棄は、受け入れられない」 中国のネチズンの反応は、皮肉と軽蔑の入り混じったものだった。 ある微博ユーザーは「悲劇は祝福になった。われわれは再び勝った」と、いうメッセージを送った 「胡はすごいヤツだ。こんな悲劇的な出来事の後でさえ、彼は[中国]とアメリカとを比較し、優越感を感じることができる」と、別の人が付け加えた。 もう一人の微博ユーザーは、「それってつまり、建物の崩壊なんてたいしたことはない。中国の救助活動はなんといっても最高だ!ということか」と応じた。 中国で最も有名な英語媒体である環球時報は、サーフサイド市のコンドミニアム崩壊に関する記事を十本以上掲載した。だがこの記事の執筆時点で、同紙のウェブサイトには、蘇州で倒壊したホテルに関する記事は2本しか掲載されていない。 胡は6月27日に「マイアミのコンドミニアム崩壊後、アメリカは当局者の崩壊した説明責任を修正するだろうか」という社説を書いた。 同紙は2日後に別の記事を掲載し、こう宣言した。「マイアミのコンドミニアム崩壊ののんびりとした救助は(アメリカという)『人権の灯台』が倒壊しつつあることを示している」 ===== 「行方不明者を見捨てたアメリカ」 「行方不明者を見捨てずに救う中国」