<「スター軍団」の敗戦で、ソーシャルメディアにはジョークとミームが吹き荒れる> デイミアン・リラード、ブラッドリー・ビール、ジェイソン・テイタム、バム・アデバヨ、そしてケビン・デュラントらNBAのスター選手揃いの男子バスケットボール米国代表チーム(世界ランク1位)が国際親善試合でまさかの連敗を喫し、ソーシャルメディアで嘲笑の的となっている。 土曜日にネバダ州ラスベガスで行われたオリンピック前のエキシビションマッチで世界ランク22位のナイジェリアに87対90で敗れると、月曜日には同ランク3位のオーストラリアにも83対91で敗戦。ナイジェリアは、アメリカ代表に勝利した初めてのアフリカのチームとなった。 言うまでもなくアメリカはここまで3大会連続で金メダルを獲得しており、東京五輪でも優勝候補の大本命だ。期待の大きさは、オーストラリア戦後に選手たちに向けられたブーイングからも見て取れる。 グレッグ・ポポビッチ監督はESPNに対して、「前半と後半の出来は全く別物だった。試合が進むにつれて疲れてしまった」とオーストラリア戦を振り返る。 この衝撃的な展開に、ソーシャルメディア上ではアメリカの敗戦を揶揄する投稿が溢れている。 バースツールスポーツは、「アメリカ代表チームが本物のNBA選手とすべてを備えていながらナイジェリアに敗れたことは、この国のすべての人に恥をかかせた」としている。 Team USA Basketball, With Real NBA Players And Everything, Embarrassed Everyone In The Country Tonight Losing To Nigeria https://t.co/hTpJmuGkMX pic.twitter.com/z3fv1dQAgG— Barstool Sports (@barstoolsports) July 11, 2021 何人かのツイッターユーザーは、デュラントが敗戦後にオーストラリア側に加わるのではないかという冗談も漏らした。(デュラントは過去にNBAで、当時所属していたチームのファンにとってもっとも望まれない因縁のチームへと移籍をしたことがある) なかでも目立ったのは、大金星をあげた対戦相手による投稿だ。 ナイジェリアの男子バスケットボール代表の公式アカウントは、オーストラリアがアメリカに勝利すると「ようこそ」とメンションツイートを送った。 .@BasketballAus Welcome. pic.twitter.com/oYoah7R6uA— D'Tigers | Nigeria Basketball (@NigeriaBasket) July 13, 2021 添付された動画は、(米大学バスケットボールの強豪)ノースカロライナ大学のロイ・ウィリアムズ前監督がライバルのデューク大学との試合に勝利した後、ロッカールームで選手たちと喜び合っている場面だ。 それに続くツイートには、「ツイッターは楽しむために作られた」のコメントとともに、にっこりと笑う少年のgif画像が添えられている。 ナイジェリアはその後、アルゼンチン(世界ランク4位)も撃破。フォロワーを増やし、味をしめたチームのツイッターアカウントはなおも饒舌だ。 一方、アメリカ代表も13日(日本時間14日)に行われたアルゼンチン戦でようやく勝利をおさめた。 波乱の幕開けとなったスター軍団だが、東京で威厳を取り戻すことができるのか。本大会では、試合はもちろんネットユーザーたちの反応にも注目したい。 ===== ●ナイジェリア代表チームの煽りツイート .@BasketballAus Welcome. pic.twitter.com/oYoah7R6uA— D'Tigers | Nigeria Basketball (@NigeriaBasket) July 13, 2021 Twitter was made to have fun. pic.twitter.com/uRU9NmTq84— D'Tigers | Nigeria Basketball (@NigeriaBasket) July 13, 2021 Nice, at least someone at your company can show respect. https://t.co/cEw80RbXlh pic.twitter.com/UcyvLTiwYo— D'Tigers | Nigeria Basketball (@NigeriaBasket) July 13, 2021