<気候変動や森林破壊により、アマゾン熱帯雨林の一部が二酸化炭素の吸収源から排出源に転じていることが明らかとなった> アマゾン熱帯雨林は、現存する熱帯雨林の約半分を占める世界最大の熱帯雨林で、大気中の二酸化炭素を吸収する役割を担ってきた。しかし、気候変動や森林破壊により、アマゾン熱帯雨林の一部が二酸化炭素の吸収源から排出源に転じていることが明らかとなった。 森林火災の発生が増え、炭素排出量が増加した 大気中に排出された二酸化炭素のうち25%は陸上植物や土壌が吸収している。なかでも、アマゾン熱帯雨林は、他の植生よりも効率的に二酸化炭素を吸収・貯留し、4500億トンもの二酸化炭素を蓄えている。 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)の研究チームは、気候変動や森林破壊が熱帯雨林の炭素排出量に与える影響を解明するべく、アマゾン熱帯雨林の4地点で、2010年から2018年まで計590回にわたり、地表から海抜約4.5キロまでの鉛直プロファイリング測定により、対流圏下部の二酸化炭素濃度および一酸化炭素濃度を調査した。 2021年7月14日に学術雑誌「ネイチャー」で掲載された研究論文によると、アマゾン熱帯雨林の東部は西部よりも総炭素排出量が多かった。なかでも、南東部は二酸化炭素の排出量が吸収量を上回り、二酸化炭素吸収源から大気への炭素排出源に転換していた。 過去40年にわたり、アマゾン熱帯雨林の東部は西部よりも森林破壊や高温、干ばつにさらされてきた。特に乾季の間、南東部ではこの傾向が最も強くみられた。研究チームは「厳しい乾季と森林破壊の増加により生態系に負荷がかかり、森林火災の発生が増え、炭素排出量が増加したのではないか」と考察している。 熱帯雨林の二酸化炭素排出量がその吸収量を約20%上回った アマゾン熱帯雨林の二酸化炭素の吸収・貯蔵機能が低下していることは、これまでの研究成果でも明らかにされてきた。 フランス国立農学研究所(INRA)、英エクセター大学、米オクラホマ大学らの研究チームが2021年4月に発表した研究論文では「ブラジルのアマゾン熱帯雨林では、2010年から2019年までの二酸化炭素吸収量が139億トンであった一方、その排出量は166億トンであった」とし、この熱帯雨林の二酸化炭素排出量がその吸収量を約20%上回ったことが示されてい る。 ===== The Amazon rainforest is now emitting more CO2 than it absorbs How Amazon deforestation could push the climate to a 'tipping point'