2030年の住宅事情はどうなっているか? もっと環境への負荷が低くて、コストも安い住宅が必要になってくる。