米国で、かつて低俗と軽視されたビジョナリー・アートやセルフトート・アート。これらは「フォーク・アート」と総称され、美術教育を受けていない人々が作ったアート作品のことを指します。こうしたアートを多く集めた五大湖周辺に美術館ができ、大いに注目されています。その魅力に迫ります。