<ネット上では、ゾウを刺激した群衆に非があるとの意見が多数派> 先月25日、インド北東部のアッサム州で男性がゾウに踏まれて死亡するという事件が発生した。 この事件の決定的瞬間を捉えた動画がソーシャルメディア上で広く拡散された。多くのコメントが、ゾウの群れを刺激した群衆に非があると指摘している。 地元紙アッサム・トリビューンによると、この事件はモロンギ茶園で起こった。インド森林局の職員であるパルビーン・カスワンは、「1人の人間が命を落とした。誰を責めたらいいのだろう」というコメントとともに映像をツイートした。 A human lost his life. I wonder whom to blame. pic.twitter.com/KQVGzRq0Ca— Parveen Kaswan (@ParveenKaswan) July 26, 2021 動画には、森林保護区の外にある公道を横断するゾウの群れと、その光景に目が釘付けとなった人々が映っている。車のクラクションが鳴り響き、群衆の一部はゾウに向かって叫んでいる。黄色い旗を振る男性の姿も。 やがて1頭のゾウが群れから離脱して向きを変えると、群衆の方へと走り出した。逃れようとした男性の1人が転倒すると、数回踏みつけ、そのゾウは群れの方へと戻っていった。 被害者は45歳の男性で近くの病院へと運ばれたが、その日の夜に死亡した。 投稿された動画は、(5日17時の時点で)約23万回再生され、多くの反響を呼んでいる。多くのユーザーは、責任はもっぱら群衆にあり、彼らがゾウを刺激したとしている。 アヴィナシュ・サハイは、「痛ましい......。彼らは冷静に頭を下げ、この壮大な生き物に敬意を払って、ジャングルへと通してあげるべきだった」とコメントを寄せた。 インド環境・森林・気候変動省のデータによると、2014年から19年の間に国内では2300人以上がゾウによって殺されているという。また同省のデータでは、毎年500人以上の人と100頭のゾウが両者の衝突によって死亡している。 複数の報告書によれば、自然の生息地が失われたことでゾウが人の多い地域に移動するようになり、その結果として致命的な衝突が発生するようになったという。 ===== ■決定的瞬間を捉えた映像 A human lost his life. I wonder whom to blame. pic.twitter.com/KQVGzRq0Ca— Parveen Kaswan (@ParveenKaswan) July 26, 2021