<長引く新型コロナの影響で韓国の繁華街の中でも明暗が分かれている。弘大や梨泰院などは人々がわずかながら戻るなか、韓国最大の繁華街である明洞は客離れが続いている......> 新型コロナウイルス感染症の長期化で、韓国の繁華街の中でも明暗が分かれている。韓国不動産院が発表した「商業用不動産賃貸動向」による21年度第2四半期の韓国全土の中大規模店空室率は13.1%で、第1四半期と比べて0.1%増加した。全国の小規模商店空室率は6.4%、首都ソウルは6.5%で前期と変わりない。 ソウル・弘大(ホンデ)の小規模商店空室率は22.6%、梨泰院(イテウォン)は31.9%と平均を大きく上回るが前期から変化はなく、一方、第1四半期に38.3%の空室率を記録した明洞は43.3%まで上昇した。 弘大や梨泰院など、ウイズ・コロナに慣れた人々がわずかながら戻るなか、韓国最大の繁華街である明洞は客離れが続いている。 徐々に人々が戻る弘大や梨泰院 梨泰院は20年5月、大きく落ち込んだ。同月9日、梨泰院のクラブで新型コロナウイルスの集団感染が発生した。感染者や濃厚接触者が、複数の店を訪問していたことが判明すると、市民が梨泰院を避けるようになり、ゴーストタウンの様相となった。筆者は梨泰院駅を通る地下鉄を頻繁に利用するが、当時、梨泰院駅の乗降客は1人もなく、路線自体の利用者も少なくなっていた。 梨泰院は外国人が多い街である。旧日本軍の龍山基地を引き継いだ在韓米軍人の歓楽街として発展した経緯から、怖い街と考える韓国人は少なくないが、サムスンが美術館を建設し、インターパークがミュージカル劇場を建てるなど、治安に対する不安が薄れて若い女性も増えている。 各国の大使館が集中する大使館通りや韓国初のイスラム教モスクもある韓国随一の外国人街で、世界各国の料理店や雑貨店が並んでいる。新型コロナの影響で、海外に行くことが難しい今、母国の味を懐かしむ在韓外国人や本場の味を求める韓国人が少しずつ戻っている。 弘大は、若者の街として知られている。美術系大学として有名な弘益大学のキャンパスがあり、卒業生らがデザインやアイデアを発信する街として発達した。 個性的なショップやカフェが立ち並び、いまは新型コロナの影響で規制されているが、若者たちの創作活動や路上パフォーマンスが連日のように行われてきた。物価が安い街ではないが、大学を卒業してまもない20代に加えて、若者文化や新進トレンドに接したい人々が集まっている。 外国人旅行者に依存する明洞の凋落 一方、明洞の主要客は、外国人旅行者だ。多くの店が韓国語と日本語、中国語、英語の看板を設置しており、日本語話者や中国人話者を常駐させる店も多い。ソウル市が派遣する日本語、中国語、英語の通訳ガイドが街角に立ち、域内を巡回する警察官も翻訳アプリをインストールしたタブレット端末を携行する。明洞固有のアイテムは、外国人旅行者に飲食物や商品を売る屋台と足の踏み場がないほどの賑わいだ。 韓国には地方特有の名産はほとんどない。各地で名が知れ渡ったアイテムは必ずといって良いほどソウルに集まり、首都の市民権を得た後、国内各地に広がっていく。明洞は、国内各地が同じようなアイテムで溢れる韓国を凝縮した街でもある。 ===== その一例が、21年1月に閉店したユニクロ明洞中央店だ。明洞駅の出口に隣接した明洞地区のランドマークともいえる韓国ユニクロの旗艦店だったが、ユニクロは韓国全土で160店舗以上を展開しており、居住者が旗艦店を利用する必然性はなくなっている。 弘大は新進トレンドが集まっており、梨泰院は外国文化が並んでいる。日本料理や中華料理、ベトナム料理は各地にあるが、他の国の本場料理は多くが梨泰院でのみ味わうことができる。2つの繁華街は、その場所に行かないと出会うことができないアイテムがある。 明洞は韓国各地にあるアイテムが並んでいる上、値段も高い。外国人対象の「ぼったくり商圏」という認識から明洞を避ける人たちもいる。 閉店が相次ぐ明洞のメイン通り 撮影:佐々木和義 在韓日本人の集まりでも日本からの来訪者と一緒に明洞を訪問したとき、案内するどころか、むしろ旅行者に案内してもらったという話がたびたび出るほど、居住者にとっては無縁といって良い街である。日本や中国との往来の中断で賑わいが消えた明洞を市民が訪れる理由はない。 明洞のホテルも休廃業が相次いでいる。韓国のホテルは設備等を基準に1つ星から5つ星までランク付けがされている。最高級の5つ星ホテルは、レストラン利用者やホテル・バカンスを楽しむ層を取り込んで生き残りを模索するが、日本人や中国人観光客の宿泊に依存してきた3・4つ星級ホテルは多くが休業中となっており、営業を終了したホテルもある。 オフィス街がある江南や鐘路など、在宅勤務が増えているとはいっても、多くの人々が出勤している。固有のアイテムがある弘大や梨泰院はニッチ層が戻っている。外国人旅行者に依存してきた明洞は一人負けといって良い状況なのだ。