研究者はマンモスの牙をGPSの記録装置にたとえます。それを分析することで、1万7100年前に生まれた個体の生涯がかつてないほど詳しく明らかになりました。