アフガニスタンのTV番組司会者がカメラに向かって話をしている動画が、インターネットで拡散している。司会者を囲んで恐ろしい背景が映っていたからだ。 動画のなかで司会者は、国民は新政権を恐れる必要はないとタリバンの声明を読み上げる。その間中、武装したタリバン戦闘員が周りを取り囲んでいる。映像では少なくとも8人が確認できる。 この動画を最初にSNSでシェアしたのは、BBCの記者キアン・シャリフィをはじめとするジャーナリストや活動家たちだった。 シャリフィは、最初のツイートでこう述べた。「武装したタリバン戦闘員たちに囲まれて、アフガニスタンのTVネットワーク『ピース・スタジオ』の司会者がこう言った。アフガニスタン・イスラム首長国(タリバンが自称する国名)は、人々が『タリバンに協力し、怖がらない』ことを望む」 With armed Taliban fighters standing behind him, the presenter of Afghan TV's Peace Studio political debate programme says the Islamic Emirate (Taliban's preferred name) wants the public to "cooperate with it and should not be afraid".pic.twitter.com/rclw3P9E7M— Kian Sharifi (@KianSharifi) August 29, 2021 「とても現実とは思えない」。イラン出身のジャーナリストで活動家のマソウメ・アリ・ネジャドはそうツイートした。「銃を手にしたタリバン戦闘員たちが、恐怖にすくんだ番組司会者に対して、イスラム首長国は怖くないと無理やり言わせている。多くの人にとって、タリバンは恐怖の代名詞だが、これがその証拠だ」 This is surreal. Taliban militants are posing behind this visibly petrified TV host with guns and making him to say that people of #Afghanistan shouldn't be scared of the Islamic Emirate. Taliban itself is synonymous with fear in the minds of millions. This is just another proof. pic.twitter.com/3lIAdhWC4Q— Masih Alinejad (@AlinejadMasih) August 29, 2021 実際に殺されている ドイツ国際公共放送ドイチェ・ヴェレは8月19日、同局所属ジャーナリストの親族1名がタリバンに殺害されたと発表した。インドの英字紙ヒンドゥスタン・タイムズによれば、タリバン戦闘員たちは一軒一軒家を訪ね歩いてそのジャーナリストを探していたという。これは、アフガニスタンにおけるジャーナリストたちが、敵視され危険な状況に置かれていることを示唆している。 ドイチェ・ヴェレのペーター・リンブルク会長は声明で、「当局所属ジャーナリストの1人が昨日、近親者をタリバンに殺害されたことは、想像を絶する悲劇であり、アフガニスタンで働く当局従業員とその家族すべてが深刻な危機的状況に置かれている証拠だ」と述べた。 「タリバンがすでに、カブールとその他の州でジャーナリストを組織的に捜索していることは明らかだ。私たちにはもう時間がない」 ===== アフガニスタンのある匿名ジャーナリストは8月15日付けで政治メディアのポリティコに寄稿し、深刻な状況のまま同国に取り残された人々の様子を詳述し、アメリカに「裏切られた」ことについて思いを明かした。 「私にとっても、ほかの無数の人たちにとっても、人生最悪の夜だ」。匿名ジャーアナリストはそう綴っている。「このような事態になるなど、想像したことも、考えたこともなかった。アメリカにこれほどひどい裏切られ方をするなど、予想だにしなかった。(中略)アメリカが私たちを見捨てれば、数えきれないほどの人が殺されるだろう。そう、アメリカにはもはや、道徳的権威はない。他国に行って、『われわれは人権を信じている。われわれは人権と民主主義のために戦う』と言うことは、もうできない」 (翻訳:ガリレオ) ===== ■タリバンは恐怖の代名詞 With armed Taliban fighters standing behind him, the presenter of Afghan TV's Peace Studio political debate programme says the Islamic Emirate (Taliban's preferred name) wants the public to "cooperate with it and should not be afraid".pic.twitter.com/rclw3P9E7M— Kian Sharifi (@KianSharifi)