国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストが更新され、マグロ数種の危機ランクが引き下げられました。過去10年にわたる乱獲防止の取り組みが実ったと言います。