人工知能を脅威に感じる人類に、ちょっとほっとする(?)判決がでました。米裁判官がAIを特許の発明者としては認めないという判決を出しました。