北陸先端科学技術大学院大学で第3の腕として機能するロボットアームが開発中。将来的にはウェアラブルで誰もが使えるようにすることを目指す。