NASAがアルテミス計画の一環として月に送る探査機「VIPER」の着陸地点に選んだのは、南極に近いインパクトクレーターの端という興味深い場所でした。