<内部告発者のテレビ出演に加えてシステム障害によるサービス停止、さらには株価下落に加えて15億人分の個人情報流出のおそれも> フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)にとって、10月4日は人生で最悪の週明けだったかもしれない。 同社は今週、米連邦議会で開かれる公聴会での証言を予定しているが、それに先立ち、内部告発がテレビで放送された。内部告発を行ったのは、同社の元従業員フランシス・ハウゲン。彼女は、フェイスブックが対話より対立を煽り、10代の若者の繊細な心を食い物にするなどして利益を上げてきたことを示す内部文書をリークした。 2019年にフェイスブックに入社し、同プラットフォーム上に出回る偽情報への対処にあたってきたハウゲンは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙に内部文書を提供。同紙が9月にこれを複数回にわたって報じたことを受けて、フェイスブックに対する批判が高まった。 さらにハウゲンは3日、CBSの報道番組「60ミニッツ」に出演。フェイスブックは、同プラットフォーム上の憎悪や暴力、誤情報に対処していると言っているが、それは嘘だと主張した。 暴力と扇動に関するコンテンツはほぼ野放し 彼女は番組の中で、「フェイスブックにいた頃、私は『人々にとっていいこと』と『フェイスブックにとっていいこと』の間で利害の衝突が起きるのを、何度も目にしてきた。そしてフェイスブックはそのたびに、自社の利益、つまり金儲けを優先してきた」と語った。 ハウゲンは、フェイスブックが2020年米大統領選の後に、誤情報に対処するチームを解散させたことを明かし、グーグルやピンタレストなど、他のデジタルメディア企業に比べて、誤情報の制限という点で「かなり劣っている」と述べた。 彼女が見たある内部文書には、「当社の推定では、当社がプラットフォーム上のヘイトスピーチに対応したケースは、わずか3~5%。暴力と扇動に関するコンテンツに対応したケースは、約0.6%だが、これでも世界最高水準だ」と記されていたという。また別の文書には、傘下のインスタグラムが10代の少女たちのメンタルヘルスにとって有害だとする調査結果が記されていたという。 フェイスブックに批判の声が殺到するなか、ザッカーバーグは3日、のんきにフェンシングやセーリングを楽しんでいる写真を投稿。ますます世論の反感を買った。そこへ大規模な障害が発生し、20億人を超えるユーザーが何時間もサービスを利用できない状態に。異例なことだというが、子会社のインスタグラムやワッツアップのサービスにも同時に障害が及んだ。 ===== インターネット監視団体のネットブロックスは、これらのプラットフォームが1時間閉鎖されただけでも、フェイスブックが被る損失は1億6000万ドル超にのぼると推定する。4日、フェイスブックの株価は5%近く下落。ザッカーバーグの個人資産は、トラブル発生後の数時間で60億ドルあまり減少した。 報道によれば、4日はフェイスブックの従業員が社屋に入れなかったり、社内通信プラットフォームにもアクセスできないトラブルが発生。そのためトラブルの範囲や規模を検証することができなかったという。 ネットワーク分析サービス会社ケンティックのダグ・マドリーによれば、トラブルの原因はDNS(ドメイン・ネーム・サーバー)障害の可能性がある。DNSは、ユーザーがアドレスを打ち込むと、目的のサイトに到達できる仕組みのことだ。 4日の米東部時間午後6時頃から、ようやくサービスは復旧した。だが今回のトラブルは、2019年(障害発生から復旧まで24時間以上かかった)以来、最悪の大規模障害となった。今回の障害では、収入をフェイスブックに頼っている小規模企業やクリエイターたちが最も打撃を被った。 頭痛の種は増えるばかり トラブルはさらに続く。4日、あるハッカーが、フェイスブックのユーザー約15億人分の個人情報を所有しているとして、この情報を「小分けにして売る」と呼びかけたのだ。このハッカーは、自分が持っている情報にはフェイスブックユーザーの名前、メールアドレス、住所、性別、電話番号やユーザーIDが含まれていると主張している。 もしこれらの情報が本物なら、他人が自分のアカウントにアクセスできることになるし、特定の広告を押しつけられることになるかもしれない。悪どい経営手法に大規模なシステム障害に加え、個人情報の大量漏洩となれば、議会でどんな厳しい追及を受けるかわからない。 ===== ハウゲンは5日、連邦議会上院の消費者保護・製品安全性・データセキュリティ小委員会が開く公聴会で証言を予定しており、フェイスブックへの規制強化を促す見通しだ。 ロイター通信が入手したハウゲンの証言原稿の中で、彼女はフェイスブックを「長年にわたって喫煙が健康に及ぼす悪影響を否定し続けたタバコ企業」になぞらえている。 「各タバコメーカーが、喫煙が健康に及ぼす悪影響を隠していたことが分かった時、政府は行動を起こした。自動車に乗る際にシートベルトを着用することで安全性が増すことが分かった時、政府は行動を起こした」と、ハウゲンの原稿にはある。「今回も同じように行動を起こして欲しい」 彼女の訴えに、議員たちはどのような対応を取るのか。その内容次第では、ザッカーバーグとフェイスブックにとって、今回の一連のトラブルはほんの序の口にすぎないことになるだろう。