<スタンフォード大学MBAの9割が受講する「インターパーソナル・ダイナミクス(人間関係の力学)」。世界のリーダーを目指す学生たちは、理論と実践で人間力を磨いている> コロナ禍がもたらしたことの一つに、人間関係の「シンプル化」があるだろう。人との接触が極端に制限される中で、新たな関係を築くのは難しかった。とはいえ、社会生活を送るうえで人との関係はゼロにはならない。家族やパートナー、友人や同僚との関係は、これまで以上に重要で貴重なものに感じられたのではないだろうか。 この度、『スタンフォード式 人生を変える人間関係の授業』(CCCメディアハウス)が上梓された。本書は、アメリカの名門スタンフォード大学のビジネススクールで50年以上にわたり開講されている講義をまとめた1冊だ。 人間関係というソフトスキルがもたらすのは、ビジネス上の成功だけではない。人生におけるあらゆるパートナーシップを築くうえで知っておきたい関係構築の法則が実践的に書かれている。 本書の著者は、デイビッド・ブラッドフォードとキャロル・ロビンの2人。今ではこの本を共同で執筆するほど格別の関係を築いている彼らだが、実は過去には関係が崩壊寸前になったことがあるという。縁が切れる瀬戸際まで追い込まれても、そこからどうやって関係を修復できたのかも気になるところだが、まずは人間関係の深め方から考えていこう。 自分をさらけ出す「15%ルール」 人間関係はどれ1つとして同じではないが、関係が深まるプロセスには似たようなパターンが見られる。よくあるのは、音楽やハイキングのような共通の趣味から始まる関係。逆に、計画を立てて主導するのが好きな人と、そういう作業を面倒に感じる人という具合に、正反対のタイプの組み合わせもあり得る。 浅い関係がちょうどいい相手もいるだろうが、関係を深めたい相手もいるだろう。その場合は互いを知るという初期のステージを超えて、より率直かつプライベートなコミュニケーションへと足を踏み入れていくことになる。そこではリスクを冒して心の内をさらけ出すレベルを劇的に引き上げる必要がある。 ここで、本書で紹介されている「職場の同僚であるエレーナとサンジェイ」の例を見てみよう。 「エレーナとサンジェイは別の部署の所属だが、1年ほど前に技術審査のプロジェクトに携わった際に知り合った。2人は互いの発想を生かし合い、意見の相違も前向きに乗り越え、プロジェクトが終わった後も、2人は定期的にランチで近況を報告し合っている。アウトドアが互いに好きなこともあり、家族ぐるみでの付き合いもある。友情も感じるし、仕事の相談もできる貴重な友人であるとエレーナは感じている。 一方、同じ職場であることで、自分が過去の汚点と感じているあることをサンジェイにエレーナは話すことができず、今朝起こった同僚との揉めごとについて相談できないでいる」 ===== エレーナが抱える過去の経験は、以前所属していた職場で上司に盾ついて解雇を言い渡されたというもの。解雇の背景を紐解けば共感を得られるような内容だが、同僚にこのことを伝えることのリスクが頭をよぎり、口をつぐんでしまったという。 リスク回避は賢い選択かもしれないが、エレーナのように慎重に振る舞いすぎて、関係を停滞させてしまう人が多いのも事実。このジレンマにどう向き合えばいいのだろうか。 著者のブラッドフォードとロビンが提案するのは「15%試してみようルール」だ。 同心円状の三重の輪をイメージしてほしい。中心から外に向かうにつれて「居心地のよさ」の度合いが減っていく。 『スタンフォード式 人生を変える人間関係の授業』より 中央の小さな円は「快適ゾーン」。深く考えることなく言葉を発し、行動しても、まったく問題ないと感じる状態を指す。一方、一番外側の輪は「危険ゾーン」。悪い結果につながる可能性が極めて高いため、口にしたり行動に移したりしない言動が含まれる。そして、2つの間に位置するのが「学びのゾーン」。相手の反応を予測できない状態がここに該当し、人はこのゾーンでの経験を通じて多くの学びを得る。 思い切って「学びのゾーン」に飛び出してみたら、意図せずして「危険ゾーン」に入ってしまうのではと恐れる学生たちに提案するのが、「快適ゾーン」から15%分だけ「学びのゾーン」に足を踏み入れてみるという穏やかなアプローチだ。 このアプローチはうまくいかなくても深刻な事態にはなりにくく、逆にうまくいけば、相手に自分を深く知ってもらえるというメリットがある。そして、うまくいけば、さらに15%外に踏み出す選択肢も浮上してくる。 学びを生む原動力は、快適ゾーンの外に踏み出すことだ。初めてスキーをするときは上級者コースではなく初級者コースを選ぶが、ひとたび滑り方をマスターしたら、挑戦しがいのあるコースに移らなければ上達は望めない(これが15%に当たる)のと同じ。 新しいコースにチャレンジするときには怖かったり、逆にわくわくしたり、あるいはその両方かもしれないが、ある程度の時間が経つと快適ゾーンが広がっていることに気づき、さらに難しいコースに行けそうな気がしてくるものだ(これが次の15%)。 もちろん初級者コースに居続けることも可能だが、上達は望めない。同じようにできることを少しずつ増やしていくプロセスこそが人間関係構築のカギであり、それがあって初めて自己開示を重ねるための土台が整う。 では、エレーナにとっての「15%」とはどんなものだろうか。 前職を解雇されたことまで打ち明ける必要はないが(そこまでやると、危険ゾーンに入りかねない)、前の会社で不快な思いをしたことは伝えられたはずだ。 ===== また、その日の朝の同僚のおかしな言動を単に伝達するのではなく、「サンジェイだったらどう対応したか」と尋ねる方法もあるかもしれない。あるいは、もう少しリスクを取って、「自分には柔軟性が足りないのではないか」という不安を打ち明ける方法も考えられるだろう。いずれの自己開示も深刻な事態につながる可能性は低く、2人の関係をただの「キャンプ仲間」以上に発展させる力を秘めている。 ひとえに自己開示といっても、簡単ではない。「自分には無理」と言いたくなることもあるだろう。しかし授業で同じように「無理」と訴えていた多くの学生が、学期末を迎える頃には必要な能力を身につけ、「過酷な道だが、私には選択肢がある」というマインドセットに変わっているという。苦しい道のりなのは紛れもない事実だが、やってみる価値はある挑戦だ。 人間関係には失敗や誤解があっても、修復は可能 10年前、いや20年前にこの本を読んでいれば、失わずに済んだ人間関係があったかもしれない。本書を読み進めながら、そう思う瞬間が何度かあった。私たちの多くは人間関係におけるセオリーを持たないまま、多くは社会に押し出される。もちろん年齢を重ねれば経験の蓄積はできるが、それでは遅すぎる。すでに失った関係に火を灯すことの難しさを知っているからだ。その後悔と恥ずかしさに頭をかきむしりたくなる。 本書には修復の方法に「金継ぎ」を提案しているので、取り戻したい関係があるならばそれを実践してほしい。金継ぎとは、壊れた陶磁器を修復する日本独自の手法だ。菌や銀、白金などの金属粉を漆に混ぜて破損した部分に塗ると、陶磁器の修復という実用的な目的が果たされるだけでなく、割れやひびの模様が美しく浮かび上がってくる。そこには哲学がある。 ――物が壊れても、それは隠して捨て去るべき過去ではなく、祝福されるべき歴史の1ページである―― 破損部分を強調する金属粉の装飾は、何かが壊れても、そのおかげで一段と美しくなれることを示している。それは人間関係の「ひび割れ」と、その修復方法にも同じ原則が当てはまると著者たちは言う。金継ぎによって修復できた関係からは、どんなに意見が対立しても乗り越えられるという自信が手に入る。大切な人間関係を格別の関係に進化させることでこそ、心豊かな人生へと近づくことができるはずだ。 『スタンフォード式 人生を変える人間関係の授業』 著者:デイビッド・ブラッドフォード、キャロル・ロビン 出版社:CCCメディアハウス (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)