<カリフォルニア州北部で9月下旬、今年最悪レベルの山林火災が発生。発火装置を所持した容疑者の身柄が確保され、放火説が濃厚に> 米カリフォルニア州北部、豊かな自然と野生生物に囲まれたレディングの郊外で9月22日、大規模な森林火災が発生した。高気温、乾燥、強風という条件を受けて火は勢いを増し、およそ34平方キロメートルが焼失した。 カリフォルニア州森林保護防火局(カルファイア)など1800名の作業員が消火活動にあたり、12日ほどを経ておおかた鎮火している。一時は2000棟を超える建物への延焼が懸念される事態となり、カリフォルニア州知事が現地シャスタ郡を対象に非常事態を宣言した。米NBCは延焼中の9月28日、「同州で今年最も破壊的な火災のひとつになりつつある」と報じた。 この火災について、出火原因が熱波による自然出火ではなく、放火によるものだった可能性が浮上している。カルファイアは10月1日、同州パロアルト在住の30歳女性が放火行為を行なった疑いがあると発表した。女性は勾留・起訴されている。 出火地点付近で不審な人物を目撃 本件の出火日当日、現地企業の従業員が不審な行動を目撃していた。ワシントン・ポスト紙によると9月22日、レディング北部の石切場付近で木々が燃えているのが目撃され、調査のためカルファイア職員が現場に駆けつけた。 石切場の労働者に聞き取りを実施したところ、出火当日の朝9時ごろに場内に白人女性が不法に侵入し、不審な行動をしていたとの証言を得た。私有地に立ち入っている旨を現場監督が警告したが、女性は無視したという。女性はCO2カートリッジと乾電池を投棄して立ち去った。カルファイア職員が女性を捜索したものの、その時点では発見に至っていない。 当日夜になると付近で再び火の手が上がり、後にフォーン・ファイアと名付けられる大規模な森林火災に発展する。現場でカルファイアが消火活動にあたったが、消火活動中の職員らに助けを求めた人物がいた。日中に不審行動が目撃されていた、問題の女性だ。サンフランシスコ・クロニクル紙は、彼女が脱水症状を訴えていたと報じている。 「発火装置」を所持 体調に問題がないことをカルファイア職員が確認し、女性の身柄は応援に駆けつけた警官に引き渡された。警察がポケットとショルダーバッグを検査したところ、ライター、圧縮CO2のカートリッジ、および白いケースが発見された。ケースについて女性は、電池を抜いて作った「発火装置」だと説明している。ケース内からは「葉からできた緑色の薬物」が確認された。女性は薬物を当日使用したと認めている。 ===== 米ABC系列の地元TV局KRCRは、女性が所持していたCO2カートリッジが第1出火地点に投棄されたものと一致したと報じている。 ある警察関係者は、放火犯は短時間に複数の地点に着火する傾向があると指摘する。女性が日中の石切場に次いで別の地点でも放火し、フォーン・ファイアを招いたとの見方が濃厚となっている。CBSサクラメントによると女性は身柄を警察に拘束され、重放火罪で起訴された。 汚染された水を飲もうと 女性は容疑を否認し、奇妙なことに、クマの尿混じりの水を飲もうとしていたと話している。地元紙レコード・サーチライトが入手した捜査資料によると、容疑者の女性はカルファイアの調査員に対し、カナダへ向けてハイキングをしている途中だったと語っている。 途中、喉の渇きを覚えて水を探したところ、干上がった小川のそばに水溜まりがあることに気づいたという。彼女はそれを熊の尿が混じった水だと考え、ティーバッグでろ過しようとしたもののうまくいかなかった。そこで水を沸騰させて殺菌するために火を起こそうとしたが、木々が湿っていて着火には至らなかったと述べている。結局のところ浄化を諦め、水をそのまま口にしたという。 その後山道を登りつづけていたところ煙が見え、飛行機がやってきて(消火剤とみられる)ピンク色のものを撒いたと女性は述べている。歩き続けたが茂みにはまって身動きが取れなくなり、カルファイア職員に助けを求める運びとなった。 Woman charged with starting California's Fawn Fire while trying to boil water 最大9年の実刑か 犯行当時カリフォルニア州では、多発する森林火災を受けた非常事態宣言が出されていた。状況を考慮し、通常よりも重い最大9年の実刑判決が下る可能性がある。シャスタ郡検察は、女性が前夜にも市内で別の火災を起こしたとみている。 ニューヨーク・ポスト紙は、女性はビジネス向けSNS「LinkedIn」のプロファイル上において、「シャーマン」を自称していると報じている。本人は裁判で無職だと述べ、米各メディアは元ヨガインストラクターとしての顔を取り上げている。過去には大学院の研究助手、製薬関連の研究機関、化学と生物学の個別指導教師などの経歴を持つ。 本件以外にも、ストレスや精神上の問題などによる放火は多い。カリフォルニア州だけで今年に入って100人以上が森林への放火容疑で逮捕されている。NBCは、山火事全体のおよそ10%が放火によるものだと報じている。放火によるものか否かは現地調査を行わないと断定できないため、実際には20%ほどの割合を占める可能性があると指摘する専門家もいる。 今夏は異常気象による山火事が多発したが、一部には人為的な火の手が混じっているようだ。