「幻の鳥」とされるハシジロキツツキは絶滅したとの判断を、米国魚類野生生物局が下しました。2005年には再発見フィーバーが起き、大論争が巻き起こっていました。