<ビジネスの現場で求められる「数字に強い」という能力は、具体的にどういうもので、どうすれば身につけられるのか> ※この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です。 数学的能力は一般的に、ビジネスパーソンに必須の能力とされています。実際、「どうも数字が苦手で」「数字を使って、きちんと報告してください」......こういった言葉を耳にする機会は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、ビジネス数学教育家として活躍し、『そもそも「論理的に考える」ってどうすればできるの?』(三笠書房)などのベストセラーを上梓してきた深沢真太郎さんに、「数字に強い人になる方法」についてうかがいました。聞き手は、株式会社フライヤーの執行役員を務める井手琢人です。 数字を使って話せば、あなたの努力がもっと伝わる 井手琢人(以下、井手): 深沢さんは「ビジネス数学教育家」という肩書きで活動されていますよね。「ビジネス数学」とはどのようなものでしょうか。 深沢真太郎さん(以下、深沢): 一言で言うと、数学的なビジネスパーソンを育てる教育のことです。数学というと、データサイエンスやAIなどを連想する方も多いのですが、それよりもっと手前、働く人に必要な「数学的能力」を身につけるための教育ですね。数学的能力とは、数字で考え、話せる能力のことをさしています。 井手: 「最近のビジネスパーソンは数字に弱い」とよく言われますよね。私自身、数字に強いとは思っていませんし......。 深沢: よく言われることですよね。実際、企業の管理職の方とお話しすると、「うちの社員、数字に弱いんだよね」とおっしゃることがあります。 では、「数字に強い」とはどのような状態なのか。それは、暗算が速いことでも、 円周率を数十桁言えることでも、 統計学の知識があることでもありません。管理職の方が求めているのは「プレゼンや報連相において、数字を入れて話せるようになること」、つまり数学的能力なんです。 井手: なるほど。「この本は売れ行き1位です」「このサービスに90%以上の人が満足しています」といったふうに数字で語れると、説得力が違ってきますもんね。 深沢: そうですね。「売上が前年よりも20パーセント増えました」というだけで伝わり方が変わりますし、あなたの努力が証明できます。 『そもそも「論理的に考える」ってどうすればできるの?』 著者:深沢真太郎 出版社:三笠書房 flierで要約を読む ===== 今すぐ数字で語れるようになる3つの方法 井手: 数字に弱い人、つまり数字で語れない人は、どのようなことを意識するといいでしょうか。3つのポイントにまとめて教えてください。 深沢: 3つのポイントですか。難しいですね......。 井手: さっそく数字で語ってみました(笑)。 深沢: さすが、完璧です(笑)。 1つ目は、「数字を『言葉』と認識すること」。「ガツンと変わった」「ゴリゴリやりました」を「去年100万円だった売上が120万円になりました」と言い換えてみましょう。これなら、どんなに数字に弱い人でもすぐにできます。 井手: 言い換えですか。これなら簡単にできそうです。 深沢: 2つ目は、「数字を使って比較すること」。「顧客満足度90%」というデータに対して、「そうなんだ」ではなく、「昨年は?」「他社は?」と比較する発想をもってほしい。そうすれば、「ここと比べてこうなので、このデータはこういう意味を持ちます」と数字で話せるようになります。 井手: 比較しないと、「顧客満足度90%か。いいんじゃない?」で終わってしまいますもんね。 深沢: 3つ目は、「分解していくこと」。売上という数字は、「客単価×客数」などと分解できますし、「客数」もさらに細かく分けられますよね。そうすると、「全体なら顧客満足度90%だけど、年齢別に分けてくるとどうだろう?」といった発想につながります。 井手: 「分析しよう」と考えるとハードルが上がりますが、分解すれば、自然と分析を始められそうです! 井手: 深沢さんのご著書『そもそも「論理的に考える」ってどうすればできるの?』は、フライヤーでも多くのビジネスパーソンに支持されています。主人公は、広告代理店で働くサオリ。サオリとたまたま知り合った大学院生の優斗がサオリの悩みに数学的に答えていく――というストーリー形式で、たいへんおもしろい一冊でした。 タイトルにある「論理的に考える」とは、そもそもどういうことなのでしょうか? 深沢: 一言で答えるなら、「線を使って考えること」です。 論理的な話は、「Aです」「だからBです」「さらにCです」「ゆえにDです」と、A、B、C、Dの要素がすべて線でつながっている。一方、論理的でない話は、「Aです」「そういえばBでもあります」「言い忘れていましたが、Cという要素もあります」と、どれもつながっていない。 二者の違いは、「かたまりが線でつながっているかどうか」です。論理的に考えるには、複数あるかたまりを線でつなげるという発想を持ちましょう。 ===== 井手: とてもわかりやすいです! 論理的に考えるために、普段の生活で心がけられることはありますか? 深沢: 自分に問いかけることを習慣にするといいでしょう。具体的には、「そもそも~?」「なぜ?」「ということは?」の3つのフレーズが便利です。 井手: 「そもそも~?」「なぜ?」「ということは?」のフレーズを使うと、つながる線が増えていきますね。自問自答するクセをつけるだけで、おのずと論理的な思考が身につくんですね。これなら誰にでもできそうです。 深沢さんの説明は、やはり論理的でわかりやすいですね。『そもそも「論理的に考える」ってどうすればできるの?』も非常にわかりやすい一冊になっているので、ぜひ多くの方にお読みいただければと思います。深沢さん、ありがとうございました! 『入社1年目からの数字の使い方』 著者:深沢真太郎 出版社:日本実業出版社 flierで要約を読む 『数学的に考える力をつける本』 著者:深沢真太郎 出版社:三笠書房 flierで要約を読む 『数学的思考トレーニング』 著者:深沢真太郎 出版社:PHP研究所 flierで要約を読む 深沢真太郎(ふかさわ しんたろう) ビジネス数学教育家。BMコンサルティング株式会社代表取締役。一般社団法人日本ビジネス数学協会代表理事。国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者。 1975年神奈川県生まれ。幼少の頃より数学に没頭し、日本大学大学院総合基礎科学研究科修了後、大学院にて理学修士(数学)を取得。予備校講師、外資系企業の管理職などを経て、2011年に「ビジネス数学」を提唱する研修講師として独立。大手企業やプロスポーツ団体の研修を手がけ、数字や論理思考に強いビジネスパーソンの育成に務める。2018年からビジネス数学インストラクター養成講座を開講。指導者の育成にも従事している。 主な著書にベストセラーとなった『数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。』(日本実業出版社)、『数学的思考トレーニング』(PHP研究所)、『数字アタマのつくりかた』(三笠書房)、『数学的に考える力をつける本』(三笠書房《知的生きかた文庫》)など多数。 flier編集部 本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだりしただけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」というビジネスパーソンの悩みに答え、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供しているサービスです。 通勤時や休憩時間といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されているほか、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。