エリザベス1世の寵愛を受けた才人ジョン・ディーが生前、交霊道具として使っていた黒曜石の手鏡の起源をたどる調査が行なわれ、南米アステカから欧州に渡った舶来品であることがわかりました。