Facebookは「インターネットへのアクセスは基本的人権である」との信条のもと、これまでにも3億を超える人々に高速なインターネットアクセスを提供し、さらに「次の10億人をつなぐため」に上記のような取り組みを展開していく姿勢です。