30年前には厳しい疑いの目が向けられていた気候モデルの開発は、今では地球温暖化を解明する重要な手段になりました。ノーベル賞を受賞した真鍋淑郎氏はその先駆者です。