<約3000人の加害者のうち、3分の2が神父だった> 神父による性的虐待問題が世界中で噴出しているカトリック教会に、新たな汚点が加わった。10月5日、フランスのカトリック教会における聖職者の子供への性的虐待を調査してきた独立調査委員会が、過去70年間に性的虐待を受けた子供は想定21万6000人に上るとする調査結果を公表。多くの事案が既に時効を迎えているなか、調査委は教会に対し、隠蔽や黙殺ではなく金銭的補償をするよう求めた。 調査委員長を務めたジャンマルク・ソベは、調査委が1950年代にさかのぼって調査した結果、教会は2000年代初めまで「被害者に対して残酷なまでに無関心を貫いた」と批判。報告書によれば、証拠が見つかっているだけでも加害者は約3000人。そのうち3分の2が神父であったという。被害者の大半は男の子で、被害当時は10~13歳だった。 被害者団体は、教会による隠蔽が大規模な犯罪を許したとしつつ、調査結果は「歴史的転換点」になると評価した。 ===== 声を上げる被害者団体の代表 FRANCE 24 English-YouTube FRANCE 24 English-YouTube