被害の深刻さや効果への期待、開発の長い道のりなど、それだけの発言に至った背景を解説します。