異なるメーカーのワクチンを接種できれば、供給面で大きなメリットがあり、医療上も効果を期待できる場合がありますが、承認される例は多くありません。現状を解説します。