レズビアンやゲイといった頭文字をつなげた「LGBT」という言葉は時代とともに長くなっています。その歴史をたどると、多様な性自認への理解が見えてきます。