これまでより何百年も古い気候のデータが得られ、「地球の気候システムを定量化し、理解し、より正確にモデル化」するために「非常に価値がある」取り組みと言います。