2015年5月に発生した、小笠原諸島西方沖の地震。新たな研究により、この余震の一つが、観測史上最深の深さ751キロで発生した可能性があることがわかりました。