ペルーで紀元900~1100年代に栄えた「シカン文明」。そこにあるエリート層であろう人の墓から発掘された1000年前の黄金の仮面の表面塗装を調査した研究チームがちょっとギョッとする発見をしました。鮮やかな赤の塗装、それは人間の血だったのです。