カナダの企業が、針を使わずにワクチンを注入する自律型ロボットを開発しました。新型コロナのワクチンに毎年接種の可能性が出てきた今、ゆくゆくはロボットがワクチンの打ち手になるのかもしれません。