一部が生き残れば利益になるため「ダメもと」で郵送されるそうです。オーストラリアでは10年間で500匹以上が押収されましたが、氷山の一角と考えられています。