これまで、Apple(アップル)製品の修理ができるのは公式サポートやストア、正規サービスプロバイダに限られていました。しかし2022年からアメリカにて始まる「Self Service Repair」では、なんと個人が部品を入手して修理ができるようになるんです!