2016年に見つかった1億年前のエビの化石。どうやら捕食者から逃れるために二枚貝に住み込み共生していたことが研究でわかりました。