火星から地球への帰還用燃料を自給自足する計画をジョージア工科大が公開。細菌と大腸菌を使って糖を生成するというコンセプト。