VR世界を、よりリアルにするには視覚と聴覚だけでは限界があります。現実には、匂いや触感がありますから。モノに触らなくても、なんとなく肌で感じることもありますから。そこで、現実に肌に薬品を塗ることで、あっちの世界で起きていることをよりリアルに再現するというアイディアがでてきました。