西オーストラリアの鉱山から、脚が1,306本もある新種のヤスデが見つかりました。研究チームによると「地球上で最も脚の多い生物」だそうです。「ユーミリぺス・ペルセフォネ(Eumillipes Persephone)」と名付けられました。