スタンフォード大学は、ハヤブサの趾(あしゆび)を模した「SNAG」という飛行ロボットを開発しました。枝に止まるほか、空中でお手玉やボールのキャッチもできるとのこと。ゆくゆくは捜索・救難活動、山火事や火山活動のモニタリング、環境調査などにおいて大活躍してくれそうです。