原料の生産から輸送まで、環境への負荷が高いアルコール飲料ですが、何百年も続く伝統を進化させるチャンスかもしれません。