Image:明治大学ワインも味噌汁も、味がするディスプレイとは…?明治大学の総合数理学部にお勤めの宮下芳明教授が、「味わうテレビTTTV」という非常にユニークなデバイスを開発されました。仕掛けは、画面に映った食べ物の味が機械の中で合成され、その味を再現する液体が画面上に噴霧されます。ユーザーはそこをペロっと舐めて味見をするので、絵面のインパクトは結構なもの。ですが透明のシートが回転して貼り直される