デルタ株もオミクロン株も接種率の低い地域から流行しました。オミクロン株の急増を機に、コロナワクチンの世界的な普及に向けての議論が再燃しています。