「アゼルバイジャン」の記事一覧

【ルポ】全てを失ったナゴルノカラバフ住民の「涙の旅路」

<家を捨て、集団脱出。行き先は分からない──帰属先をめぐる紛争の終結で全てを失った人々が、絶望と悲劇の中で思うのは> 家財道具を積み上げた車が長い列を作り、その横をトラックが擦り抜けていく。荷台には、壁からワイヤが突き出たトタン屋根の店舗が丸ごと載っていた。 家畜をよそへ移す余裕がなかった住民はニワトリの首をはね、馬のはらわたを抜いた。冷気の中に湯気が立ち上る。家畜の群れを連れて、山道を何キロも移動した者もいる。 それは、集団脱出の悲劇的な相貌だった。 アルメニアのニコル・パシニャン首相が、6週間続...

完全停戦ナゴルノカラバフ紛争、支配地を失ったのはアルメニア

<ロシアの仲介で9月から続く紛争についに終止符。アルメニアでは停戦合意に反対するデモ隊が......> アルメニアのパシニャン首相は11月10日、実効支配地ナゴルノカラバフをめぐりアゼルバイジャンとの間で9月から続いていた紛争に終止符を打ったと発表した。 ロシアの仲介で完全停戦に合意。アルメニアは支配地の多くを失うことになった。パシニャンはSNSの声明で「私自身と全国民にとって非常に苦痛で困難な決断だった」と述べた。 パシニャンに続きロシアのプーチン大統領もこれを認める声明を発表。今後5年にわたり、...

子供を含む14人以上が死亡、終わりなき「停戦と衝突」の犠牲者たち

10月17日、アゼルバイジャン第2の都市ギャンジャがアルメニア軍によるものとされるミサイル攻撃を受けた。 9月末、同国とアルメニアの間で係争地ナゴルノカラバフ自治州をめぐる武力衝突が勃発。 以来、停戦と衝突を繰り返し、17日の攻撃では民家20軒以上が破壊され、子供を含む少なくとも14人が死亡。犠牲者の葬式が営まれた。 <2020年11月10日号掲載> ===== 破られる停戦。アゼルバイジャンが公表したアルメニア軍の映像 Reuters-YouTube...

米国務省、ナゴルノカラバフ停戦合意を発表 実効性に不透明感も

米国務省は25日、アゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフでの軍事衝突に関して3カ国による共同声明を発表し、現地時間26日午前8時(日本時間午後1時)からの人道的停戦に合意したと明らかにした。 トランプ大統領はツイッターへの投稿でアルメニアのパシニャン首相とアゼルバイジャンのアリエフ大統領が停戦順守に合意したばかりだとして祝意を表明し、「多くの生命が救われることになる」とした。 ポンペオ米国務長官は23日、ナゴルノ停戦に向け、アゼルバイジャンとアルメニアの外相と個別に会談していた。 しか...

ナゴルノカラバフで再び激しい戦闘 紛争の和平合意期待が後退

アゼルバイジャンとアルメニアが係争地ナゴルノカラバフを巡り、23日に予定される米首都ワシントンでの協議を通じて和平に合意するとの期待が後退している。現地で22日、再び激しい戦闘が発生したためだ。 ポンペオ米国務長官が23日にアゼルバイジャン、アルメニア両国の外相と会談する予定。これまで和平仲介に携わってきたロシアのプーチン大統領も、米政府による仲介支援を望んでいる。 ただナゴルノカラバフ周辺では、複数の地点で戦闘が起きたもようだ。アゼルバイジャンは、アルメニア側がアゼルバイジャン領内3カ所に3発の...

アルメニアとアゼルバイジャン、停戦合意後も双方が戦闘継続を非難

アルメニアとアゼルバイジャンは、係争地ナゴルノカラバフで現地時間18日午前0時から停戦することで合意したが、双方が相手方はその後も戦闘を続けていると非難している。 アゼルバイジャン国防省は、ナゴルノカラバフ自治州に隣接するアグダム地域がアルメニアの空爆を受け、ジャブライル県なども砲撃にさらされたとした上で、同国軍が「適切な報復措置」を行ったと発表した。 一方アルメニア側は、アゼルバイジャン軍が2度にわたる攻撃を行い、戦場から負傷兵を後送したいとの申し出を拒否したとしている。 ナゴルノカラバフはアゼル...

トルコを紛争に駆り立てる「新オスマン主義」の危険度

<ナゴルノカラバフに介入するのはエルドアンの自意識と被害者意識ゆえ。「大国トルコの復活」の呼び掛けは、経済停滞で不満をためた国民のガス抜きに最適だ> たいていの人が忘れかけていたナゴルノカラバフ紛争が再び火を噴いた。国際社会は(珍しく一致して)四半世紀来の停戦の維持を呼び掛けているが、トルコだけは違う。同国のレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は無条件でアゼルバイジャンを支持すると宣言し、恒久的な解決につながらない停戦は無意味だと主張している(編集部注:ロシアは10月10日、アゼルバイジャンとアル...

「国際社会の無関心のせい」とアゼルバイジャン大統領 数百人の死者が出ているもよう

<ナゴルノカラバフの帰属をめぐるアルメニアとアゼルバイジャンの戦闘による被害は双方の都市部まで及び、民間人も犠牲になっている> ナゴルノカラバフで再び戦闘が始まったのは国際社会の「無関心」のせいだ──。アゼルバイジャンのアリエフ大統領は自分の責任を棚に上げて、そう非難した。 同国西部のナゴルノカラバフ自治州では9月末から隣国アルメニアとの戦闘が激化し、4年前の武力衝突以来、最も深刻な事態に発展した。しかも今回は被害が双方の都市部にまで及び、既に数百人の死者が出ているもようだ。 アゼルバイジャン側の主...

突き刺さったミサイル アゼルバイジャン×アルメニアの火種は消し去れるか

アルメニアが実効支配し、係争地となっているアゼルバイジャンのナゴルノカラバフ自治州をめぐって、9月末から両国間で軍事衝突が再燃。 アゼルバイジャンのミンゲチェビル市もミサイル攻撃を受けた(写真)。 長年にわたり対立してきた両国だが、コロナ禍で社会のストレスが高まるなか政治家が愛国心をあおっているとの見方もある。 10月10日には停戦が発表されたが、先行きは不透明だ。 <2020年10月20日号掲載> ===== アパートが爆撃され、早速破られた停戦合意 BBC News-YouTube...

アゼルバイジャンとアルメニア、停戦直後に双方が合意違反と非難合戦

アゼルバイジャンとアルメニアは、ロシアの仲介によるナゴルノカラバフにおける停戦に合意したのもつかの間、互いに相手に合意違反行為があったと非難している。 ナゴルノカラバフでは9月27日以降の衝突で数百人が死亡。両国は捕虜交換と遺体引き渡しのため現地時間10日正午から戦闘を停止していた。 ただアゼルバイジャンは11日、首都バクーに次ぐ都市ガンジャがアルメニア側から大規模な空爆を受け、9人が死亡し、34人が負傷したと主張。この停戦合意違反への報復としてアルメニア系住民の居住区に航空攻撃を行ったと説明した。...