「アメリカ代表」の記事一覧

東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

<平均年齢28.2歳で五輪4連覇目指す余裕の編成> 米バスケットボール協会は6月28日、東京オリンピックのバスケットボール男子で4連覇を目指すアメリカ代表チームのメンバー12人を発表した。このうち5人が既に30歳を超えており、米史上3番目に高齢の代表チームとなった。 30代の5人はケビン・ラブ、ケビン・デュラント、ドリュー・ホリデー、デイミアン・リラードとドレイモンド・グリーン。この5人に加えてバム・アデバヨ、ブラッドリー・ビール、デビン・ブッカー、ジェレミー・グラント、ザック・ラビーン、クリス・ミドルトンとジェイソン・テイタムの代表メンバー入りが決まった。 メンバー最高齢は32歳のラブで、最年少は22歳のテイタムだ。米バスケットボール協会によれば、東京大会が終わる時点で代表チームの平均年齢は28.2歳になっているという。これは1996年のアトランタ五輪の代表チーム(平均29.4歳)、1992年のバルセロナ五輪の初代「ドリームチーム」(同29.0歳)に次いで米男子バスケ史上3番目に高い数字だ。 代表チームのマネージングディレクターを務めるジェリー・コランジェロは、一部のメンバーは経験重視で選ばれたと語った。 技能と人柄、経験と勝利への意欲 「代表チームは国際試合での経験が豊富な選手を揃えており、ずば抜けた技量を持ち、多才でバランスが取れている」とコランジェロは述べ、こう続けた。「互いに刺激し合う上で必要な、優れたリーダーシップもあると確信している。まだ数多くの課題はあるが、全てのアメリカ国民が誇りに思うようなチームになってくれると確信している」 同協会のマーティン・デンプシー会長も「米バスケットボール協会は、国際大会で我が国を代表する選手として、技能と人柄、経験と勝利への意欲を兼ね備えた者を選んでいる」と述べた。「短期間の過酷な競争においては、多才で強靭なチームづくりが重要だ。これらのエリート選手たちが、夏の東京大会でアメリカを代表するメンバーに志願してくれたことは幸運だ」 デュラントはこれが3回目のオリンピック出場で、通算3回以上の出場は米史上4人目となる。これまでにカーメロ・アンソニーが4回の最多出場記録を持ち、レブロン・ジェームズとデイビッド・ロビンソンが3回の出場を果たしている。 ===== デュラントは2012年と2016年に金メダルを獲得した代表チームのメンバーでもあった。ラブは2012年、グリーンは2016年の代表チームにも参加している。そのほかの9人は、初めてオリンピックの代表メンバーに選出された。 代表チームのヘッドコーチを務めるグレッグ・ポポビッチは、「代表入りに選ばれた選手たちを祝福する。7月6日から始まるラスベガスでのトレーニングキャンプで、この素晴らしい選手たちと一緒に仕事をする機会を楽しみにしている」と述べ、さらにこう語った。「東京大会での金メダル獲得に向けて、アメリカを代表できることにワクワクしている」 アメリカ代表チームはポポビッチが指揮をとり、スティーブ・カー、ロイド・ピアースとジェイ・ライトがアシスタントコーチを務める。7月に、米国オリンピック・パラリンピック委員会の正式な指名を受ける予定だ。 ===== Who do you think he's watching#WeBelieve I @Angels I @KDTrey5 pic.twitter.com/USmasetOA7— Bally Sports West (@BallySportWest) June 28, 2021 Looks like @KDTrey5 is enjoying the Sho. https://t.co/qHpNYnedVY pic.twitter.com/TjpwrpCJBB— MLB (@MLB) June 28, 2021