「アメリカ政治」の記事一覧

バイデンの真価が問われる5つの課題、最大の敵は中国ではない

<トランプ流と決別し、中国に立ち向かう──新政権が臨む「アメリカの理念をめぐる戦い」とは> ジョー・バイデン大統領は、昨年の米大統領選に挑んだとき、この選挙を「アメリカの理念をめぐる戦い」と呼んだ。当時のドナルド・トランプ大統領が象徴する専制政治と人種差別から、アメリカの民主政治を守らなくてはならないと感じていたのだ。 それに、専制主義的傾向を強める中国に対抗して世界の民主国家とグローバル経済を守り、人類の存続を脅かす地球温暖化に歯止めをかけることを避けて通れないとも思っていた。これらも「アメリカの...

歴史に残る過ちを犯したラムズフェルド…超エリートは何を見誤ったのか

<国防長官を2度務めたタカ派は、自分を過信するあまりアメリカを2つの泥沼に導くという負のレガシーを遺してしまった> 6月29日に88歳で死去したドナルド・ラムズフェルド元米国防長官は、ジャーナリストのデービッド・ハルバースタムが「ベスト・アンド・ブライテスト(最良にして最も聡明な者たち)」と呼んだエリートそのものだった。頭脳明晰で威厳に満ちていたが、最後には自らを過信するあまり自滅した。 超タカ派のラムズフェルドは、かつて「私は泥沼になどはまらない」と豪語した。だが彼の最大のレガシーは、イラクとアフ...

アメリカ二大政党制が迎えた限界…ついに第三政党の躍進へ機は熟した

<共和党の「トランプ化」が止まらず、民主党の次世代指導者も極端な左派になる可能性。中道政党を望む有権者の割合は空前の水準に> 米共和党はまだしばらくの間、「トランプの党」であり続けるつもりらしい。 共和党は5月12日、党所属下院議員の会合でリズ・チェイニー下院議員を下院議員総会議長(下院共和党のナンバー3)の要職から解任することを決めた。昨年の大統領選挙で不正があったというドナルド・トランプ前大統領の根拠のない主張をきっぱり批判したことが理由だ。 この決定により、共和党はトランプと一体であり続けると...

トランプ支持に翳り? 久々の演説なのにQアノンが「もううんざり」

<トランプ元大統領が政治活動を再開したが、「2020年の大統領選では勝ったのは自分だ」などの主張は陰謀論者にも通じなくなっている?> ドナルド・トランプ前大統領は6月26日、オハイオ州ウェリントンで退任後初めて大規模集会を開催し、支持者の前で演説を行った。 だが陰謀論を信奉するグループ、QAnon(Qアノン)をはじめとするトランプの長年の支持者はトランプの演説に不満を爆発させ、2020年の大統領選挙での敗北に関する「相も変わらずの」不満の繰り返しだと非難した。 最も狂信的なネット上のトランプ支持者を...

トランプの短文投稿サイト閉鎖…人気の陰りを象徴する「不吉な数字」

<SNSから「追放」されたトランプが立ち上げた自分専用ツイッターだが、アクセス数は全盛期からすればごくわずかだった> ツイッターで最大8896万人のフォロワーを抱え、過激な発信で注目を集め続けたトランプ前米大統領。1月に連邦議会議事堂襲撃事件を扇動したとしてツイッターとフェイスブックのアカウントが凍結されると、5月4日に自前のウェブサイト「ドナルド・J・トランプの机から」を開設して情報発信に乗り出した。 だがこのサイトへのアクセス数は5月半ばの1週間にわずか400万回ほど。開設から約1カ月で閉鎖され...

共和党支持者はトランプの大統領選「再出馬」を熱望──世論調査

<再び大統領の座を狙う意思を公言しているトランプ前大統領。共和党の支持率は今も非常に高いとの調査結果が> 2024年の大統領選への出馬を「極めて真剣に検討している」と発言したトランプ前米大統領。共和党支持者らもトランプの復活を熱望しているようだ。 米クィニピアク大学が実施した最新の世論調査によれば、次期大統領選へのトランプの出馬を望む共和党支持者は66%で、出馬に反対する人は30%にとどまった。トランプ政権時代の政策への支持も根強く、来年行われる中間選挙の共和党候補にトランプ路線を踏襲してほしいと答...

「マスクの強要はホロコースト同然」?──米極右議員の強烈論法

<議員がワクチン接種を終えるまで議場でのマスク継続を求めたペロシ下院議長のやり方は、ナチスがユダヤ人にしたことと同じ? こんなトンデモ発言も、今の共和党指導部には罰せられない?> トランプ支持者に人気の極右政治家マージョリー・テイラー・グリーン米下院議員(ジョージア州選出)は、下院議場内におけるマスク着用命令を、ナチスドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)になぞらえる発言を繰り返した。 疾病予防管理センター(CDC)は5月13日にワクチン接種者のマスク着用義務を原則解除し、バイデン政権もホワイトハウスにおけるマスク着用の指針を緩和した。だが、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)は議員全員がワクチン接種を受けるまでマスク着用の義務を継続すると発表。グリーンはそんなペロシを「精神に異常がある」と決めつけた。 5月20日に保守系ニュースメディア「リアル・アメリカズ・ボイス」のインタビュー番組「ウォータークーラー」に出演したグリーンは、ペロシがやっていることは、ホロコーストの時代にナチスがやったことと同じだと言った。 BREAKING: @mtgreenee calls @SpeakerPelosi "mentally ill," says she's using holocaust-style tactics to enforce House mask mandate. Watch her interview with @DavidBrodyCBN on today's #TheWaterCooler #JustTheNews @RealAmVoice pic.twitter.com/b6mxc1iTbB— John Solomon (@jsolomonReports) May 20, 2021 「ユダヤ人は黄色いダビデの星のマークを身に着けるように命じられ、法的権利のない社会的劣等者として扱われ、最後には電車に詰め込まれてガス室に連れて行かれた。ナンシー・ペロシが言っているのも同じ類の虐待だ」と、グリーンは語った。 私はユダヤ人の味方 ユダヤ人団体や他の議員はこの発言を非難したが、グリーンは21日の夜、自分はユダヤ人の味方だと、記者に語った。そして「理性あるユダヤ人」なら誰でも、「高圧的な」マスク着用命令に反対するだろうと付け加えた。 やはりトランプ支持者として有名なマット・ゲイツ下院議員(共和党、性的人身売買の容疑で捜査を受けている)と共にアリゾナ州メサで開催された共和党の集会に出席した後、グリーンは地元ローカル局12ニュースのビアンカ・ブオノ記者にこう語った。「『マスクは必要ない』と主張したからといって、社会的劣等者のように扱われるべきでない」 "I think any rational Jewish person didn't like what happened in Nazi Germany & any rational Jewish person doesn't like what's happening with overbearing mask mandates."I asked Rep. Marjorie Taylor Greene about her comment comparing mask mandates to the Holocaust @12News pic.twitter.com/8SVljeXjSM— Bianca Buono (@BiancaBuono) May 22, 2021 「私は何も間違ったことは言っていない。そして、理性あるユダヤ人はナチスドイツで起こったことが気に入らなかったと思うし、理性あるユダヤ人は、高圧的なマスク着用命令も高圧的なワクチン政策も気に入らないはずだ」と、グリーンは付け加えた。 グリーンのこうした発言に人々が不快感を抱く理由をわかっているかとブオノが質問したところ、グリーンはこう答えた。「マスクの着用やワクチン接種を強要されること、予防接種を受けたかどうかを明らかにしなければならないことを、人々がどのように感じているか、あなたこそわかっている?」 ===== 「こんなことはアメリカで起きてはならない。この国には自由な国であり、このような会話をするのはばかげている」と、グリーンは言った。 米国ユダヤ人会議(AJC)は21日にグリーンの発言を非難し、謝罪と発言の撤回を求めた。 「健康を守るための規制を、ダビデの黄色い星やガス室、その他のナチスの残虐行為になぞらえることはできない」と、AJCはツイートで表明した。「このような比較は、ホロコーストの悲劇をおとしめ、アメリカの政治的言論を汚染することだ。マージョリー・テイラー・グリーン議員は直ちに発言を撤回し、謝罪すべきだ」 You can never compare health-related restrictions with yellow stars, gas chambers & other Nazi atrocities.Such comparisons demean the Holocaust & contaminate American political speech.Rep. Marjorie Taylor Greene must immediately retract and apologize.https://t.co/pdU8H8h2tO— American Jewish Congress (@AJCongress) May 21, 2021 SNSはもちろん共和党の中からもグリーンを辞めさせるべきだという声が挙がっているが、共和党指導部は結局、トランプ支持者の間で人気があるグリーンを罰することはできないだろうというのが多くの識者の見方だ。 Rep. Greene's anti-Semitic language comparing the systematic murder of 6 million Jews during the

トランプが「ブログ」デビュー! 歯止めなき「攻撃の嵐」の矛先は?

<扇動的で攻撃的過ぎるツイートを連発していたトランプだが、SNSから締め出された退任後はブログが主戦場に?> ツイッターから追放されたトランプ前米大統領が、字数制限なく発信できる場を手に入れた。ブログだ。 5月4日、トランプは「ドナルド・J・トランプのデスクから」と名付けたブログサイトを開設した。5日の投稿では、自身に批判的な共和党のリズ・チェイニー下院議員とミッチ・マコネル上院院内総務をたっぷりこき下ろした。 5日の2回目の投稿ではツイッターとフェイスブックに矛先を向けたが、トランプの発信の仕方は...

共和党「最後の良心」リズ・チェイニー、トランプ批判で追放の危機

<トランプの大嘘や煽動を批判した共和党ナンバー3が党を追われそうだといことは、共和党は今もトランプに頼らなければ票が取れない「トランプ党」だということだ> ディック・チェイニー元米副大統領の長女で、現在は下院議員のリズ・チェイニーが、所属する共和党内から非難を浴びている。昨年の大統領選をめぐってドナルド・トランプ前大統領が根拠のない不正疑惑を言い立てたことや、1月6日の米連邦議会襲撃事件でトランプが果たした役割について、批判的な発言をしたせいだ。 きっかけは3日、トランプがメディア向けの声明で、20...

米上院の「中国対抗法案」に中国激怒!

4月21日、米上院外交委が「2021年 戦略競争法案」を議決した。CCTVは特集を組み、中国全人代外交委が抗議談話を発表し、中国は対米抗議に燃え上がっている。日米首脳会談共同声明への反応とは対照的だ。 米上院外交委員会が可決した「2021年戦略競争法案」とは? 「2021年 戦略競争法案」は2021年4月8日に米上院外交委員会が提出した「中国対抗法案」で、バイデン大統領が「中国は競争相手だ」と言ったのに対し、それならその「競争戦略」を明文化せよと、バイデン大統領に迫ったものである。対中強硬政策は共和...