「アメリカ社会」の記事一覧

米で増える「保育難民」 働くママにコロナ禍の試練

ダイニングルームのテーブルに置いたコンピューターで「Zoom」を使った会議が始まった。しかし、その最中でも、ゾラ・パネルさんは1歳の娘サバンナちゃんをあやすためにビデオをオフにする。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が続く中、それが彼女の日常になっている。 パネルさんは3月以来、在宅勤務の傍ら、サバンナちゃんと2歳の息子ティモシーちゃんを何とか育てている。彼女が外国語学習サービス企業のマネジャーという新たな仕事を始めたのは、ちょうどオハイオ州が新型コロナウイルス感染拡大を抑えるために「ステイホー...

ロサンゼルス近郊で山火事発生、東京ドーム900個分の広さを焼失 500世帯が避難

米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の山林で火災が発生し、これまでに約500世帯が避難を強いられた。米農務省森林局(USFS)は13日、現場は過去50年から100年ほどの間、火災がなかった地域で、木々が非常に乾燥していることで火の勢いが強まっていると警告した。 火災地帯はロサンゼルス中心部の北65キロほどの場所。12日の発生以降におよそ4249ヘクタールが焼失し、1000人を超える消防士が投入されたものの、まだ消火のめどは全く立っていない。今のところけが人は出ていないが、レイク・ヒューズ、レオナ・バレ...

アメリカで子どもの新型コロナ感染40%急増 7月後半10万人近く増加

米国小児科学会と小児病院協会がまとめた報告書によると、米国で7月後半の2週間に子どもの新型コロナウイルス感染が40%増加したことが分かった。 それによると、米国で新型コロナ流行が始まって以来、累計33万8000人を超える子どもの感染が確認されたが、7月16─30日の感染者数は9万7078人に上った。 報告書は49州、ニューヨーク市、コロンビア特別区、プエルトリコ、グアムのデータに基づいて作成されたもので、大半の感染が米南部と西部で確認されたという。感染がこのところ急増している理由には触れていない。 ...

世界の新型コロナ感染者2000万人突破 米・ブラジル・インドが半数強

世界中の新型コロナウイルス感染者が10日、2000万人を突破したことがロイターの集計で分かった。このうち米国、ブラジル、インドの感染者数が全体の半数以上を占めている。コロナ感染による死者は73万人を超えた。 コロナ感染者数は、今年1月上旬に中国湖北省武漢市で確認されて以降、約半年で1000万人に増加。その後わずか43日で2倍となる2000万人に拡大した。 国別では、米国が約500万人、ブラジルが300万人、インドが200万人。ロシアや南アフリカでの感染も目立つ。また中南米での感染が急増しており、感染...

世界の新型コロナ感染者2000万人突破 米・ブラジル・インドが半数強

世界中の新型コロナウイルス感染者が10日、2000万人を突破したことがロイターの集計で分かった。このうち米国、ブラジル、インドの感染者数が全体の半数以上を占めている。コロナ感染による死者は73万人を超えた。 コロナ感染者数は、今年1月上旬に中国湖北省武漢市で確認されて以降、約半年で1000万人に増加。その後わずか43日で2倍となる2000万人に拡大した。 国別では、米国が約500万人、ブラジルが300万人、インドが200万人。ロシアや南アフリカでの感染も目立つ。また中南米での感染が急増しており、感染...

トランプ、コロナ追加対策で大統領令 失業給付上乗せを復活

トランプ米大統領は8日、失業保険給付の上乗せなど追加の新型コロナウイルス経済対策を実施する大統領令に署名した。追加対策を巡っては野党・民主党との協議が難航し、7日に決裂していた。 追加対策では7月に失効した失業給付金の上乗せ措置を復活。従来よりも200ドル少ない週400ドルで続ける。 「これは必要とされている金であり、望まれている金だ。失業者が仕事に戻ろうとするインセンティブになる」と、トランプ大統領は給付額を減らした上乗せ措置について語った。25%は州が負担するとしている。 共和党はかねてから、高...

米NY州、全米ライフル協会の解散求め提訴 幹部らが多額の資金流用か

ニューヨーク州のジェームズ司法長官は6日、全米ライフル協会(NRA)の幹部らが個人的な使途のために多額の資金を流用したなどとして、協会の解散を求める訴えを起こした。 NRAは米国で最も規模が大きく、影響力を持つ銃関連圧力団体で、与党・共和党の支持団体。ニューヨーク州に非営利団体として登録しているため、同州の法律が適用される。 訴訟の対象となったのはNRAと、ウェイン・ラピエール氏ら幹部4人。ラピエール氏はNRAのバイスプレジデントを務め、約30年にわたりNRAを率いてきた。 ジェームズ長官は、NRA...

「バイデンはあなたから銃を取り上げ、無宗教で神に逆らってる」トランプが激戦州で演説

トランプ米大統領は6日、11月の大統領選に向け野党・民主党の候補指名を確定させたバイデン前副大統領が「神に逆らっている」と非難した。伝統的に選挙の勝敗を左右してきた重要州であるオハイオ州で述べた。 トランプ氏は新型コロナウイルス危機への対応を巡り批判が広がる中、最近実施された同州の4つの世論調査で、バイデン氏にリードを許しており、支持回復へ巻き返しを図ろうとしている。 トランプ氏は、オハイオ州クリーブランドでの演説で「(バイデン氏は)極左のアジェンダに従い、あなた方から銃を取り上げ、(武器の保有を認...

米コロナ死者、12月までに倍増し約30万人に ワシントン大が予想

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は6日、米国の新型コロナ感染による死者が12月1日までに30万近くに達するとの予想を示した。その上で、マスク着用を徹底すれば、7万人の命が助かる可能性があるとした。 IHMEのクリストファー・マレー所長は「米国ではジェットコースターのような状況が見られている。人々は感染が拡大しているときには、より頻繁にマスクを着用して社会的距離を確保しているが、その後しばらくして感染者が減少すると気を緩めているようだ」と述べた。 米国の新型コロナ感染による死者は15万9...

NY市、コロナ隔離徹底へ検問所設置 感染急増35州からの旅行者に

米ニューヨーク市のデブラジオ市長は5日、新型コロナウイルス感染者が急増している35州から同市を訪れる旅行者の隔離義務順守を確実にするため、駅やトンネルなどに検問所を設けると発表した。 市警などは同日から、ニューヨーク市につながる橋やトンネルに検問所を設置する。6日には主要鉄道駅のペンシルバニア駅にチームを派遣し、訪問者に旅行に関する書類の提出を求める。 デブラジオ市長は、2週間の隔離が任意ではなく義務と改めて強調し、違反者に対する罰金が最大1万ドルに達する可能性があると警告した。 ニューヨーク市の保...