「アメリカ経済」の記事一覧

米国で約300万人を擁する主要労組、バイデン支持へ 大統領選終盤で追い風に

米主要労働組合である北米建設労組が23日、民主党のバイデン大統領候補に支持を表明する見通しであることが明らかになった。大統領選終盤での労働者数からの支持獲得は、バイデン氏にとり主要な追い風となる。 関係筋によると、再選を目指すトランプ大統領も北米建設労組からの支持獲得を目指していたが、同労組は追加の新型コロナウイルス経済対策が打ち出されなかったことに失望したという。 同労組のマクガーベイ会長は声明で「バイデン氏は過去に行ったように、米国の労働者層の期待に応えるだろう」とし、「力強く持続可能なインフラ...

アメリカの新規失業保険申請78.7万件 なお高止まり、延長申請も増加

米労働省が22日発表した17日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は78万7000件と、前週の84万2000件から減少したものの、依然として高止まり、新型コロナウイルス禍からの回復の遅れがあらためて浮き彫りとなった。 ロイターがまとめたエコノミスト予想は86万件だった。 MUFGのチーフエコノミスト、クリス・ラプキー氏は「経済史上最も大きな景気後退の中で失われた職の多くがまだ戻っておらず、依然として極めて多くの失業者がいる」と述べた。 調整前ベースの新規失業保険申請件数は、前週から7万31...

アメリカ大統領選挙、トランプは激戦州で経済回復へ支持訴え 「バイデン不況」警告

11月の米大統領選に向け、共和党のトランプ大統領は20日、激戦のペンシルベニア州で選挙集会を開き、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と経済的打撃から回復するためには自身の再選が必要だと訴えた。 ペンシルベニア州北西部エリーの空港で開いた集会でトランプ氏は、同州で勝利を収めれば再選を果たせる可能性があると強調。民主党候補のバイデン前副大統領は州のエネルギー・製造業の雇用を破壊すると主張し、「今回の選挙は、現在進んでいる特大のトランプ・リカバリーか、バイデン不況かの選択だ」と述べた。 また...

トランプ、大規模コロナ追加対策を支持 2.2兆ドル超受け入れ

トランプ米大統領は20日、米政権と民主党指導部が協議している追加の新型コロナウイルス経済対策を巡り、民主党が求めている2.2兆ドル規模以上の法案を受け入れるとし、共和党の上院議員が反対する中、大規模かつ包括的な追加経済対策を支持する考えを示した。FOXニュースとのインタビューで「民主党よりも大きな対策の実施を望む」と指摘。ムニューシン財務長官と民主党のペロシ下院議長が超党派の合意に達すれば、「全ての共和党員が私に同意するわけではないが、賛同するだろう」とし、共和党のマコネル上院院内総務からの支持が得...

主戦場ペンシルベニアを制するのはトランプか、バイデンか

<今年の大統領選で「最重要州」と見なされるペンシルベニア州──人口動態や産業構成から見てもアメリカを象徴するこの州に懸ける両陣営の本気度は> それは忘れたくても忘れられない悪夢。民主党大統領候補ジョー・バイデンとその陣営はこの夏、何度もその悪夢にうなされたはずだ。4年前(建国240周年の節目の年だった)の11月、事前の世論調査で一貫してリードしていた民主党の大統領候補ヒラリー・クリントンは、建国の地ペンシルベニア州の投票で1ポイントに満たない僅差で敗れ、当てにしていた選挙人20人をそっくり失い、共和...

米富裕層、バイデン大統領誕生による増税恐れ遺産相続計画を変更

米国の富裕層は、大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利して増税する可能性を恐れ、年末までに遺産相続計画を変更しようと奔走している。 最も懸念しているのは、民主党が大統領選を制し、上下両院でも過半数を確保する「ブルー・ウェーブ」となるケースだ。この場合、バイデン氏は抜本的な税制改革を提案し、議会を通過させる力を得る。 富裕層が特に神経をとがらせているのは、1158万ドルの相続税非課税枠が2025年の期限切れ前に引き下げられる事態だ。 民主党の綱領によると、同党は相続税を「歴史上の標準」に引き上げる...

米ミレニアル世代は30代の頃のベビーブーマーより4倍貧しい

<コロナ禍で世代間の格差がさらに拡大、ミレニアル世代の資産は親の世代が30代だった頃と比較すると大幅に少ない> アメリカのミレニアル世代(1981年から1996年までに生まれ、現在24歳から39歳)は、7200万人の労働力があり国内の労働人口としては最大の比率を占めるが、所有する資産は国全体の4.6%に過ぎないことが分かった。 一方、1946年から1964年に生まれたベビーブーマー世代は、ミレニアル世代の10倍の資産を保有している。若年層が年長の世代より金がないのは普通のことだが、1989年に働いて...

米民主党の追加経済対策で注目される「バイデントレード」の死角 株高・金利上昇シナリオは万全か

金融市場は米大統領選でのバイデン氏と議会選挙での民主党優位を織り込み、財政拡大観測による株高・金利上昇となっているが、いわゆる「バイデントレード」を疑問視する声も少なくない。富裕層や企業に対する増税は本質的に株安要因であるだけでなく、選挙の行方も最高裁裁判事の増員問題などで依然予断を許さないためだ。 トレード内容が変質 シナリオの中身が変わった。以前はトランプ氏勝利であれば株高・債券安、バイデン氏勝利なら株安・債券高という予想が主流であったが、ここにきてバイデン氏勝利でも株高・債券安(金利上昇)とい...

アメリカ雇用回復が鈍化 コロナショック直撃職種に「失業長期化」の懸念

新型コロナウイルスのパンデミックが米国の労働市場に大打撃を与えてから半年余り。今も失業している数百万の人々は、たとえ以前に従事していた仕事に戻れるとしても、あと何年も先になる可能性があると覚悟しつつある。 夏場まで目覚ましかった米雇用情勢の改善は、足元で鈍ってきた。バーテンダーや家政婦といった旅行、娯楽、対個人サービス関係の仕事をしていた人たちは待機を強いられている。これらの業界が需要の冷え込みに対応しなければならず、米経済もパンデミック長期化の影響にさらされ始めたからだ。 米労働省が先週発表した9...

米自動車業界、コロナショックから想定外の業績回復 SUVなど強い需要と在庫減

米自動車メーカー各社は、今年春に新型コロナウイルスの大流行によって景気が悪化した際に大半の専門家や業界幹部が予想していなかった問題に直面している。その問題とは、ディーラー網における強い需要と在庫の減少だ。 各社は10月1日に9月の米国内販売台数を発表する。専門家は年換算の販売台数が8月実績の1520万台を超えると予想している。利幅の大きいスポーツ用多目的車(SUV)やピックアップトラックの消費者需要は春以降、急速に持ち直している。 米自動車大手3社は、ディーラーの在庫を補充するため、自社の工場がフル...