「エリザベス女王」の記事一覧

エリザベス女王、規模縮小も「2つ目」の誕生会ににこやか

エリザベス女王の誕生日は4月21日。だがイギリスには6月の土曜日に公式の誕生祝賀式典を行う伝統がある。 女王が95回目の誕生日を迎えた今年は、6月12日にロンドン郊外のウィンザー城で「誕生会」を開催。 新型コロナ禍を受けて規模は大幅に縮小されたが、女王は近衛兵のパレードや軍楽隊の演奏をにこやかに見守った。 ===== 壮麗な「誕生会」の様子 Daily Mail-YouTube 1959年のエリザベス女王 By Unknown / Library and Archives Canada / Wiki...

英国に衝撃!オックスフォードの学生がエリザベス女王の肖像を撤去

<大学院生の自治組織が、植民地主義の象徴として肖像写真の取り外しを決定。大学に怒りのメッセージが殺到する騒ぎに> SNS上では差別的な言動をした人物を排除する「キャンセル・カルチャー」旋風が吹き荒れているが、なんとイギリスの最高学府でエリザベス女王が排除の対象となり、大騒ぎになっている。 きっかけは、オックスフォード大学の数あるカレッジの1つ、マグダレン・カレッジの1室に掲げてあった女王の肖像写真が取り外されたこと。 外したのは、同カレッジの大学院生の自治会だ。英王室の植民地主義的な体質を理由に、院...

メーガンの爆弾発言は、女王の国でも白人の国しか視聴できない?

<王室の人種差別を告発したメーガン妃の番組が、英女王を君主に戴く英連邦王国の有色人種の国々では放映されないことがわかった。背景には一部の女王離れがあるのかもしれない> 英ヘンリー王子とメーガン妃が王室による人種差別を訴えたインタビュー番組は、エリザベス2世を元首たる国王とする英連邦王国のうち12カ国では放送されない。 1995年のダイアナ妃のインタビュー以来、王室のインタビューとして最も注目を浴びたこの番組で、ヘンリー王子とメーガン妃は司会のオプラ・ウィンフリーに、王室のあるメンバーが生まれてくる2...

英ヘンリー王子夫妻「暴露本」の破壊力──キャサリン妃との確執はなかった?

<王室記者2人によって執筆された伝記を夫妻は認定していないが、なれ初めから王室離脱までが記され、刊行前から物議を醸している> 8月発売の英ヘンリー王子とメーガン妃の伝記が、刊行前から物議を醸している。『自由を探して』と題された「暴露本」を夫妻は認定していないが、親しい友人らの証言を集めてメーガンに近い王室記者2人が執筆したこの伝記には、なれ初めから王室離脱までが詳しく記されている。 英紙での抜粋によれば、交際当初、兄ウィリアム王子から「焦る必要はない。時間をかけてあの子を知ったほうがいい」と助言され...

後足で砂?英王室を離脱したヘンリー王子夫妻が大英帝国の過去を批判

<奴隷貿易や植民地主義の罪をまだ認めてもいないエリザベス女王をさしおいて、「イギリスは過去を認めるべき」と主張> ヘンリー王子とメーガン妃は7月1日、英連邦の若者を支援する慈善団体「クイーンズ・コモンウェルス・トラスト」が主催したビデオ会議に参加。制度化された人種差別や無意識の偏見について話し、イギリスは「過去を認める」べきだとして、人種差別と大英帝国に関する「気まずい」問題を取り上げた。 アメリカで黒人男性が白人警察官に殺害されたことをきっかけに起こったBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命...