「カナダ」の記事一覧

熱波のバンクーバー、浜辺でムール貝が焼き上がる

<海岸の岩は50℃に達し、天然のバーベキュー場となった> 記録的な熱波に見舞われたカナダのブリティッシュ・コロンビア州(以下「B.C.州」)で、またしても異常な現象が報告された。6月末から7月初めにかけての高気温で海水の温度が上昇し、浜辺の貝が半ば加熱調理されたような状態となって大量に死んでいたことがわかった。 この問題を調査しているブリティッシュ・コロンビア大学のクリス・ハーレー海洋生態学教授は、バンクーバーが位置するセイリッシュ海沿岸において、6月末だけで10億匹以上の浜辺の生物が死んだ可能性が...

カナダで気温49℃、森林火災で町の9割が火の海に 火災積乱雲に警戒

<カナダ西岸の町で、国の観測史上最高となる気温49.6℃を記録。高熱と乾燥が大規模火災を招き、町の9割が消失した。州内では、特殊な「火災積乱雲」による事態悪化が懸念される> ヒートドーム現象による高気温が続くカナダで、気温が観測史上最高を記録した。バンクーバーが位置する西岸のブリティッシュ・コロンビア州(以下「B.C.州」)では、高温と乾燥した空気によって100件超の山火事が発生し、現在も進行している。 同州の山間にあるリットンの町では、気温が華氏121度(摂氏49.6度)に達し、カナダ観測史上最高...

北米で歴史的「ヒートドーム」現象、カナダで47.5度を記録

<上空を覆いつくした「1000年に1度」の熱の幕が森や水や人を脅かす> 北米大陸の太平洋岸北西部では、オレゴン州ポートランドやワシントン州シアトルをはじめとする各都市で気温が史上最高を更新、華氏110度(摂氏43.3度)を優に超える暑さが続いている。気象の専門家は、この強烈な熱波は少なくともあと1週間は続くと予測している。 この地域全体に居座る記録的な高気圧のせいで、半球形の熱の幕、いわゆる「ヒートドーム(熱のおおい)」が発生した。現在、ワシントン州とカナダのブリティッシュコロンビア州の上空を覆い尽くしている。気象学者によると、太平洋岸北西部の上空でこうした現象が起きる確率は「1000年に1回」だという。 【動画解説】ヒートドームとは何か? この地域では現在、平年と比較して摂氏約14〜28度ほど気温が高い状況が続いている。6月28日のシアトルの気温は、これまでの最高気温を約4度上回り、ポートランドでは2日連続で44度を超える暑さに見舞われている。 アメリカ国立気象局では、6月最終週に入って太平洋岸北西部を襲っている熱波は「歴史的で、危険で、長期にわたり、前例がないもの」になると予測している。地球温暖化がヒートドームの原因とも言われており、バーモント州選出のバーニー・サンダース上院議員を含む多くの議員が、世界的な気候変動に歯止めをかけるよう、改めて呼びかけている。 3分の2がエアコンもたず ニュージーランドの国立水・大気圏研究所(NIWA)の気象学者ベン・ノルは6月26日、記録的な熱波に見舞われているポートランドの27日の気温は、全地球表面の99.8%における気温を上回るとの見方を示した。この日地球上でポートランドよりも暑くなるのは、アフリカのサハラ砂漠、ペルシャ湾、そしてデスバレーを含むカリフォルニア州の低地砂漠だけだろうと、ノルは書いていた。 Putting the Pacific Northwest heatwave in perspective--Portland, Oregon will be hotter than about 99.8% of Earth as it smashes its all-time temp record on Sunday The only places expected to be hotter: Africa's Sahara Desert, Persian Gulf, California's deserts pic.twitter.com/ADIBN88ZWv— Ben Noll (@BenNollWeather) June 26, 2021 あまりの暑さに、ポートランドでは路面電車のケーブルが溶けた。 In case you're wondering why we're canceling service for the day, here's what the heat is doing to our power cables. pic.twitter.com/EqbKUgCJ3K— Portland Streetcar (@PDXStreetcar) June 27, 2021 シアトルでは27日、最高気温が40度を記録。ブリティッシュコロンビア州のリットンなどのカナダの町では、46.6度に達した。翌28日のリットンの気温は47.5度を観測した。 気象学者や環境安全の専門家は、太平洋岸北西部における森林火災のリスクが高まっていると警告する。記録的な暑さに加え、アメリカ西部の各州では干ばつが悪化の一途をたどっており、専門家は今後数日の間に、また新たな森林火災が発生する可能性が高いと警告している。 オレゴン、アイダホ、ワシントンの3州には現在、異常高温に関する注意報や警報が発令されている。カリフォルニア州北部の一部や、モンタナ州、ネバダ州でも、6月最終週に入って、気温が37.7度をはるかに超える状況が続いている。エアコン需要が高まる一方で、水力発電に用いられる水源の水位は通常より低下しているとの報道もある。 地域の統計によると、太平洋岸北西部に住む人のうち約3分の2は、エアコンを所有していない。気象やエネルギーの専門家は住民に対し、窓の外側をアルミホイルで覆い、さらに部屋の内側に面した部分に段ボールを置くことで、室内の気温を低く保つようにとアドバイスしている。 (翻訳:ガリレオ) ===== 【動画解説】ヒートドームとは何か?

ファイザー製を選り好み……身勝手なドタキャン問題化 カナダ

<「より優れたワクチン」を引き当てようと、不人気ブランドの接種を当日キャンセルする人々が相次いでいる> カナダ南東部のオンタリオ州ハミルトン市で、ワクチン接種の悪質な当日キャンセルが問題となっている。ハミルトンはトロント市街から車で1時間ほどに位置し、150を超える滝を擁する滝の街として知られるほか、鉄鋼業で栄える工業都市としても有名な街だ。 このところ現地ではSNSなどを通じ、ファイザー製ワクチンの方が効能に優れるとする風説が流れている。市民としてはファイザー製を予約したいところだが、予約段階でワ...

アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を発症、小腸の一部を失う

<アストラゼネカ製ワクチンの副反応で血栓ができるリスクはこれまで信じられてきたより高いのではないかと、医者たちは再検証を始めた> 43歳の健康な男性が、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスのワクチン接種後に血栓を発症し、小腸の一部を失った。 ブリティッシュコロンビア州(カナダ)の小都市ラングレーに住むショーン・マルドゥーンは4月22日にアストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた。その後、吐き気、頭痛、発熱、嘔吐などの症状があった、とカナダのCBCニュースは伝えている。 接種から2週間あま...

ワクチン格差、ワクチン求めて国境を越える人々

<新型コロナウイルのワクチン接種の進捗が、国によって大きな「格差」が生まれている。そのため、ワクチン接種のために国境を越える人々が増加している...... > 世界各地で新型コロナウイルスのワクチン接種が開始されて、ほぼ半年。国によってその進捗具合には大きな差が生まれている。ワクチン接種が遅れている国の人々の中には、ワクチンを求めて国境を越えるケースが出ている。 カナダからアメリカへ 12月14日ワクチン接種を開始したアメリカでは、すでに47%近くが少なくとも一回はワクチン接種を受けており、35%以...

鼻スプレー型ワクチン、各国で臨床試験へ 気道内の免疫形成に有利

<ワクチン接種が進まない日本を尻目に、世界では一歩先を見据えた研究が進む。各国で臨床試験が始まる鼻スプレー型ワクチンは、手軽に接種できるだけでなく、従来型より高い有効率が見込まれるという> 英オックスフォード大学は3月、アストラゼネカ社と共同開発した鼻腔スプレー式ワクチンの初期段階の試験について、参加者の募集に入った。英フィナンシャル・タイムズ紙が入手した文書により明らかになった。第1段階の試験を7月ごろまでに終える計画だ。 こうした動きは、世界的にもめずらしいものではない。カナダ、オーストラリア、...

コロナ禍での休暇シーズン、どう過ごす? 一足先に感謝祭を終えたカナダは感染拡大で

<カナダの感謝祭は10月で感染状況を悪化させた。感謝祭を来週に控えた米国人の心中は複雑だ......> カナダの感謝祭は10月第2月曜日、感染を拡大させた 毎年11月の第4木曜日は、米国で冬の休暇シーズンの幕開けとなる「感謝祭」だ。今年は11月26日にあたる。しかし1カ月前の10月に終わったカナダでは感謝祭をきっかけに新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、米国でも、例年なら家族が集まるこの時期をどう過ごすか悩ましいところのようだ。 カナダでは、感謝祭は10月の第2月曜日に祝われ、今年は10月1...

コロナ禍での休暇シーズン、どう過ごす? 一足先に感謝祭を終えたカナダは感染拡大で

<カナダの感謝祭は10月で感染状況を悪化させた。感謝祭を来週に控えた米国人の心中は複雑だ......> カナダの感謝祭は10月第2月曜日、感染を拡大させた 毎年11月の第4木曜日は、米国で冬の休暇シーズンの幕開けとなる「感謝祭」だ。今年は11月26日にあたる。しかし1カ月前の10月に終わったカナダでは感謝祭をきっかけに新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、米国でも、例年なら家族が集まるこの時期をどう過ごすか悩ましいところのようだ。 カナダでは、感謝祭は10月の第2月曜日に祝われ、今年は10月1...

英国とカナダ、ベラルーシ大統領ルカシェンコらに制裁 西側諸国で初

英国とカナダは29日、ベラルーシのルカシェンコ大統領に制裁を導入したと発表した。8月の大統領選挙での不正疑惑や抗議デモへの暴力に対するもので、対象者の渡航が禁止されたほか、資産が凍結された。西側諸国としては初めての対ベラルーシ制裁となる。 英国はルカシェンコ氏とその息子ビクトル氏のほか、内相ら政府高官を含む合計8人を制裁対象とした。カナダの制裁対象はルカシェンコ氏のほか10人。 英国のラーブ外相は訪問先の韓国でロイターに対し、ルカシェンコ氏は選挙不正疑惑や人権侵害の代償を払う必要があると指摘。ベラル...