「カンボジア」の記事一覧

嗅覚で地雷を見つけ出すネズミ、慈善団体から表彰 コロナ検知の可能性も?

<英国の獣医による慈善団体PDSAは、命がけで人命などを救う活躍をした動物に、「PDSA金メダル」を授与している。今回は地雷撤去作業を行うアフリカオニネズミの「マガワ」が受賞した......> 犬が独占していた金メダル、ネズミが初受賞 カンボジアには、内戦時に埋められた地雷が、いまだに数多く残っている。撤去のための活動が現在も続けられているが、1匹の小さなヒーローがこのほど、カンボジアでの地雷撤去の活躍を称えられ、表彰された。 英国の獣医による慈善団体PDSAは2002年以降、命がけで人命などを救う...

闇に消される東南アジアの民主活動家たち

<タイで、ラオスで、失踪する反体制派──手を携えて自由を奪う各国政府の弾圧の魔の手からは、亡命しても逃れられない> 突然失踪し、永遠に消息を絶った活動家や反体制派、口にしてはならないことを口にした不運な市民──彼ら「ロス・デサパレシドス」の存在は、中南米の歴史に記された血まみれの汚点の1つだ。時には何年もたってから遺体で発見されることもあるが、その多くはいつまでたっても行方不明のままだ。 愛する者が殺害されたなら、家族は少なくとも嘆くことができる。だが姿を消したままの場合、何も分からないことに家族は...

フン・センに批判の女性活動家襲われる 新型コロナに乗じ首相権限強化のカンボジア

<非常事態を利用して、権力強化を図ろうとする独裁者がここにも> フン・セン首相率いるカンボジア政府が新型コロナウイルス対策を名目に首相権限強化などを含めた非常事態法を成立させたカンボジア。反体制派や野党、マスコミの監視強化がますます強まるこの国で、当局によって解散を命じられた野党「カンボジア救国党(CNRP)」を支持する女性活動家が、正体不明の男性らに襲撃され負傷、脅迫される事件が起きた。 カンボジアでは2019年以来、CNRP関係者やその支持者、人権活動家などに対する治安当局関係者によるとみられる...