「クラスター」の記事一覧

クラスター続発で行き先失ったクルーズ船 今はマニラ湾で「巣ごもり」停泊

ここ数週間、フィリピンのマニラ湾は世界最大の「駐船場」になっている。停泊しているのは大量のクルーズ船。客は一人も乗っていない。 船の数は20隻以上、その総重量は200万トンにもなる。客船には総勢5300人以上のフィリピン人スタッフが乗ったまま。再びクルーズ船の仕事にありつけるかわからない中で、新型コロナウイルス制限措置の隔離期間が終わるのを待っている。 新型コロナウイルスの影響で飛行機は減便、渡航は制限された。複数の客船で集団感染が起きたこともあり、クルーズ船業界は事実上の停止状態にある。運航会社は...

韓国・梨泰院のクラスター、新型コロナ感染102名に ゲイの濃厚接触者の追跡がネックに

韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)のナイトクラブなどで発生した新型コロナウイルスの集団感染を巡り、政府が利用客の追跡調査を進めている。 調査では、携帯電話のデータ、クレジットカードの利用履歴、防犯カメラの映像を利用。これまでに100人以上の感染が確認されており、感染拡大の第2波が懸念されている。 保健当局は梨泰院のナイトクラブやバーと関係のある数千人をすでに追跡し検査を実施したが、まだ1982人と連絡が取れていないという。 当局によると、一部のバーは同性愛者が訪れることで知られており、プライバ...

新型コロナ規制緩和の韓国、梨泰院のクラブでクラスター発生

新型コロナウイルス規制を緩和したばかりの韓国の首都ソウルで、新たなクラスター(感染者の集団)が発生した兆候が出て衛生当局が調査している。感染者数は比較的少ないものの今後増加することが予想され、当局は感染した可能性のある人の特定などを急いでいる。 韓国疾病予防管理局(KCDC)は8日、ソウルで外国人にも人気の観光スポット、梨泰院(イテウォン)のクラブに関連した感染者を少なくとも15人確認したと発表した。 韓国は、新規感染者数の減少を受けて6日から社会的距離を確保する規則をさらに緩和していた。 KCDC...

新型コロナ規制緩和の韓国、梨泰院のクラブでクラスター発生

新型コロナウイルス規制を緩和したばかりの韓国の首都ソウルで、新たなクラスター(感染者の集団)が発生した兆候が出て衛生当局が調査している。感染者数は比較的少ないものの今後増加することが予想され、当局は感染した可能性のある人の特定などを急いでいる。 韓国疾病予防管理局(KCDC)は8日、ソウルで外国人にも人気の観光スポット、梨泰院(イテウォン)のクラブに関連した感染者を少なくとも15人確認したと発表した。 韓国は、新規感染者数の減少を受けて6日から社会的距離を確保する規則をさらに緩和していた。 KCDC...

米海軍、クラスター発生訴え解任の空母艦長復帰を国防長官に求める

米海軍指導部は、原子力空母セオドア・ルーズベルト艦内で発生した新型コロナウイルスの対応を巡り解任されたクロージャー前艦長について、復帰させるべきだとエスパー国防長官に進言した。複数の政府関係者が24日に明らかにした。 国防総省は、エスパー長官がこの件に関する海軍の初期段階の調査結果を受け取ったとし、完全な調査結果を踏まえた上で、海軍指導部と次の措置について話し合う方針だと説明した。 国防総省のホフマン報道官は24日の会見で、エスパー長官は先入観を持たずにこの件に対応するとし、海軍指導部の結果を支持す...

長崎港のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」新たに57人の新型コロナウイルス感染 計148人に

フジテレビなど国内メディアは、長崎港に修繕のため停泊しているイタリア船籍の大型クルーズ船の船内で、新たに57人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと伝えた。これでこの船の乗員の感染者は合計148人となった。 クルーズ船「コスタ・アトランチカ」では、20日に乗組員1人の新型ウイルス感染が確認され、濃厚接触の可能性がある乗組員などを検査したところ、24日までに91人の感染が確認されていた。 コスタ・アトランチカは1月下旬に長崎に入港し、修繕を行っていた。乗客は乗せておらず、乗員623人が乗...

イタリア、新型コロナウイルスのクラスターは感染初確認前の1月に発生していた

ブルーノ・ケスラー財団が24日に公表した研究によると、イタリアで新型コロナウイルス感染症の初の感染者が出たのは1月までさかのぼることが分かった。 イタリアは、裕福な地域であるロンバルディア州の小さな町、コドーニョで2月21日に感染者が出たことを皮切りに検査を開始した。 感染件数と死者数は急速に増加。科学者は間もなく、新型ウイルスが気づかれないまま何週間も存在していたのではないかと考えるようになったという。 財団のステファノ・マーラー氏は保健当局者とともに記者会見を開き、財団が知られる限りの初期事例を...

イタリア、新型コロナウイルスのクラスターは感染初確認前の1月に発生していた

ブルーノ・ケスラー財団が24日に公表した研究によると、イタリアで新型コロナウイルス感染症の初の感染者が出たのは1月までさかのぼることが分かった。 イタリアは、裕福な地域であるロンバルディア州の小さな町、コドーニョで2月21日に感染者が出たことを皮切りに検査を開始した。 感染件数と死者数は急速に増加。科学者は間もなく、新型ウイルスが気づかれないまま何週間も存在していたのではないかと考えるようになったという。 財団のステファノ・マーラー氏は保健当局者とともに記者会見を開き、財団が知られる限りの初期事例を...

米CDC「新型コロナウイルス、ホームレス施設で急速に感染拡大」

米疾病対策センター(CDC)は、国内のホームレス施設での新型コロナウイルス感染状況を調査した週報を公表した。多くの人が集団で生活し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するのが難しいホームレス施設では、ウイルスの感染が急速に広がると指摘した。 また、ホームレスの人は基礎疾患を抱える人が多く、重症化のリスクが高いという。 CDCは、クラスター(集団感染)が発生したホームレス施設、感染者が1人だけ確認された施設、まったく感染が確認されていない施設で、スタッフを含めて全員にウイルス検査を行った。 過...

長崎港のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」新たに14人の新型コロナウイルス感染 計48人に

長崎県によると、長崎港に修繕のため停泊しているイタリア船籍の大型クルーズ船の船内で、新たに14人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。 クルーズ船「コスタ・アトランチカ」では、20日に乗組員1人の新型ウイルス感染が確認され、濃厚接触の可能性がある乗組員などを検査したところ、22日には33人の感染が確認された。 コスタ・アトランチカは1月下旬に長崎に入港し、修繕を行っていた。乗客は乗せていない。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用...