「コーカサス」の記事一覧

「国際社会の無関心のせい」とアゼルバイジャン大統領 数百人の死者が出ているもよう

<ナゴルノカラバフの帰属をめぐるアルメニアとアゼルバイジャンの戦闘による被害は双方の都市部まで及び、民間人も犠牲になっている> ナゴルノカラバフで再び戦闘が始まったのは国際社会の「無関心」のせいだ──。アゼルバイジャンのアリエフ大統領は自分の責任を棚に上げて、そう非難した。 同国西部のナゴルノカラバフ自治州では9月末から隣国アルメニアとの戦闘が激化し、4年前の武力衝突以来、最も深刻な事態に発展した。しかも今回は被害が双方の都市部にまで及び、既に数百人の死者が出ているもようだ。 アゼルバイジャン側の主...

突き刺さったミサイル アゼルバイジャン×アルメニアの火種は消し去れるか

アルメニアが実効支配し、係争地となっているアゼルバイジャンのナゴルノカラバフ自治州をめぐって、9月末から両国間で軍事衝突が再燃。 アゼルバイジャンのミンゲチェビル市もミサイル攻撃を受けた(写真)。 長年にわたり対立してきた両国だが、コロナ禍で社会のストレスが高まるなか政治家が愛国心をあおっているとの見方もある。 10月10日には停戦が発表されたが、先行きは不透明だ。 <2020年10月20日号掲載> ===== アパートが爆撃され、早速破られた停戦合意 BBC News-YouTube...

アゼルバイジャンとアルメニアで因縁の戦いが再燃した訳

<ナゴルノカラバフの帰属をめぐる長年の紛争が解決されぬまま暴発を繰り返す背景と歴史> アルメニアが実効支配するアゼルバイジャンのナゴルノカラバフ自治州で両国の軍隊が衝突し、にわかに緊張が高まっている。 両国はいずれも旧ソ連の共和国だが、ナゴルノカラバフの帰属をめぐってソ連崩壊前から対立。ここ数年も小競り合いが多発していた。ただ、今回の衝突は1990年代のような全面戦争に発展しかねない。詳しい背景を探った。 ■過去の全面戦争とは? 同自治州の独立宣言に伴い、1992年から94年まで続いたナゴルノカラバ...