「スペイン」の記事一覧

スペイン、7月から観光客受け入れ サッカー1部リーグも無観客で6月再開へ

スペインのサンチェス首相は23日、7月から外国人観光客を再び受け入れる方針を示すとともに、サッカー1部リーグの試合を無観客で6月8日から再開する計画を明らかにした。 新型コロナウイルス感染防止のための都市封鎖で国内経済は打撃を受けており、国民からは経済活動の早期再開を求める声が高まっている。また、極右政党ボックス(VOX)は、セイルの新型コロナ対応を巡り、首相の辞任を求めている。 サンチェス首相は記者会見で「安全策を講じた上で7月から外国人観光客を再び受け入れる。観光業がリスクとならないことを確実に...

スペインの子ども、新型コロナの都市封鎖中6人に1人がうつを経験

スペインの子どもの6人に1人近くが、新型コロナウイルス感染危機の期間中に定期的に憂うつな気持ちになっており、貧困な状況にある子どもほど苦しみが大きかったことが分かった。子ども支援の非政府組織「セーブ・ザ・チルドレン」が実施した調査で明らかになったという。 スペインでは新型コロナにより2万8000人前後が死亡。政府は世界で最も厳しいレベルのロックダウン(都市封鎖)を実施し、子どもは何週間にもわたり外出を禁止された。 調査によると、封鎖措置によって、家族で一緒に過ごす時間が増えたという回答が多い一方で、...

スペイン、6月末にも観光客の受け入れ再開へ

スペインのアバロス運輸相は18日、観光客の受け入れについて、6月末前後の再開を目指すと表明した。 政府は先週、新型コロナウイルス感染拡大第2波の流入を防ぐために必要だとして、全ての海外旅行者に2週間の隔離を課し、国境閉鎖措置を事実上継続。しかし、同相はこの措置は一時的なものであり、国内の移動容認と並行して段階的に廃止するとした。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・中国は早くから新型コロナウイルスを知っていたのか?2...

スペイン、新型コロナ死者が217人と再び増加 感染第2波を警戒

スペイン保健省は14日、新型コロナウイルス感染症による死者が217人増加し、2万7321人になったと発表した。1日の死者数は前日の184人から増加し、8日以来初めて200人を上回った。感染拡大第2波が懸念されている。 保健省の緊急警報調整局のフェルナンド・シモン局長は、死者増加の理由は不明としながらも、新たな死者の半分以上がカタルーニャ州に集中していると指摘。「死亡日時を特定し、実際に新たな死亡例だったのか、過去の死亡例が遅れて報告されたのか調べている」と述べた。 スペインの感染者数は14日時点で累...

スペイン、6週ぶりに子ども外出可能に 1日1時間限定、公園や玩具利用は認めず

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて厳しいロックダウン(都市封鎖)を実施しているスペインで26日、子どもが屋外に出ることが可能になった。3月14日の非常事態宣言以降、約6週間ぶりとなる。 スペイン保健省がこの日発表した新型コロナ感染症による死者の増加数は288人と、ここ1カ月余りで最少となった。累計の死者数は2万3190人、感染者数は20万7634人。 大人の同伴を条件に、14歳以下の子どもが自宅から1キロメートルの範囲内で1日1時間まで屋外で活動することが可能になる。ただ、公園の利用や玩具の共用は...

スペイン、新型コロナウイルス死者2.2万人・感染21.3万人 増加ペースは安定化

スペイン保健当局は23日、新型コロナウイルス感染症による死者が過去24時間で440人に増加し、累計2万2157人に達したと発表した。しかし、増加ペースは約2%にとどまり、安定化の兆しが改めて示された。 感染者数は累計21万3024人。 死者数が世界で3番目に多く、感染者数も2番目に多いスペインでは感染拡大防止に向けた厳格な措置が維持されてきたが、政府は先週から一部の経済活動の再開を暫定的に認めている。 14歳以下の子供は過去5週間外出が全面的に禁止されていたが、批判が高まる中、保護者同伴の散歩が許さ...

スペイン、新型コロナウイルス感染20万人突破 感染スピードは減速のもよう

スペインで20日、新型コロナウイルスの感染者数が20万人を突破する中、保健当局は感染スピードが減速しているもようだという認識を示した。 感染者数は20万0210人で、前日から4266人増加した。死者数は399人増の2万0852人。 保健緊急警報調整局のフェルナンド・シモン局長は、検査数の増加にかかわらず新規感染率は引き続き低下していることから、全体の有病率は当初の予想ほど悪化しない可能性があると述べた。[マドリード ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の...

スペイン、新型コロナウイルス1日当たり死者が約1カ月ぶり低水準に 都市封鎖で感染拡大が減速

スペインでは19日、新型コロナウイルスによる1日の新たな死者数が410人となり、3月22日以降で最低を記録した。 4月2日には1日の死者は950人と最高を記録したが、3月中旬からウイルス感染拡大防止のために導入したロックダウン(都市封鎖)により、感染拡大ペースに減速の兆しがみられる。 保健省によると、19日時点でこれまでに死亡した人は2万0453人で、米国、イタリアに次ぎ世界で3番目に多い。感染者数は、前日の19万1726人から19万5944人に増加した。医療従事者の感染は全体の15.6%を占める。...

スペイン、新型コロナウイルス死者1.9万人突破 自治州データ修正上積みでさらに増加も

スペイン保健当局は16日、新型コロナウイルス感染症による死者が過去24時間で551人増え、累計1万9130人に達したと発表した。1日の死者は前日の523人から増加した。 しかし、カタルーニャ自治州の保健当局が前日、同州内の死者数を上方改定したことを受け、全体の死者数は今後さらに増える可能性がある。 カタルーニャ州は15日遅く、これまで統計に含まれていなかった高齢者施設や自宅で亡くなった新型コロナ感染者や、陽性が確認されずに亡くなった患者の数を含める死者数は累計7097人と発表した。従来発表していた3...

スペイン首相、新型コロナウイルスの都市封鎖を一部緩和 地方政府から批判の声も

スペイン政府は13日、新型コロナウイルスの感染防止に向けたロックダウン(都市封鎖)措置を一部緩和した。建設や製造など一部産業の業務再開が認められる。 ただ、国民の大半は引き続き外出を制限され、商店やバーなども少なくとも今月26日まで休業が続く。 保健省の13日のデータによると、新型コロナによる死者は517人増え、合計1万7489人。感染者は計16万9496人と、前日の16万6019人から増加した。 首都マドリードにあるアトーチャ駅は13日朝も通勤客はごくわずか。道路の交通量も少ない。 サンチェス首相...