「スペイン」の記事一覧

スペイン、フランス、ドイツに感染第2波? 非常事態解除が仇  

<スペイン・フランス・ドイツで新たな感染者が再び増加しており英政府は帰国者の自主隔離義務づけも> ヨーロッパでは、スペイン、フランスとドイツで再び新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けて、ヨーロッパに感染拡大の第2波が訪れつつあるのではないかという懸念が浮上している。欧州疾病予防管理センターの報告によれば、7月27日の時点で新型コロナウイルスの感染者や欧州連合(EU)、欧州経済領域(EEA)とイギリスを合わせて167万5022人に上っている。 ■スペイン 7月18~24日の1週間で、スペ...

スペインの新型コロナ死者、公式発表より6割近く多い可能性

スペインのエル・パイス紙は26日、同国の新型コロナウイルス感染症による死者数について、公式発表の2万8432人よりも60%近く多い可能性があるとする独自調査の結果を報じた。スペイン当局が発表するコロナ死者数は、検査を受けて感染が正式に確認された人のみが含まれており、感染が疑われるが検査は受けずに死亡した人は対象外。スペインでは他の多くの国と同様、特に感染拡大の初期段階において検査態勢が十分でなく、公式発表の死者数が実際より少ない可能性がある。同紙は、感染疑い例も含めた地方の統計を集計した結果として...

スペイン、100以上のクラスター発生でコロナ再拡大 カタルーニャ州西部ではロックダウンも

スペイン北東部カタルーニャ自治州のトラ首相は13日、新型コロナウイルス感染の再拡大を受け、同州西部リェイダ周辺の住民16万人に外出禁止令を発令すると表明した。 裁判所は、地方当局が住民に自宅にとどまるよう命じることは行き過ぎとし、外出禁止令の発動を差し止める判断を下したが、トラ首相は「法的解決策を探り時間を失う余裕はない」とし、住民に外出禁止を命じる法令を承認するとした。 スペインでは6月に1日の新規感染者数が平均132人程度まで減少したものの、感染者の増加ペースは7月に入り加速。先週末には333人...

スペインのカタルーニャ州、公共の場でマスク着用義務化 社会的距離関係なく違反者には罰金

スペイン北東部カタルーニャ州のトラ首相は8日、州全土の公共の場でのマスク着用を義務付けた。住民のほか観光客も対象で、9日から実施される。 ロックダウン(都市封鎖)措置が実施されたセグリア地区だけでなく、「カタルーニャ州全土でのマスク着用が義務化される。重要な措置と考えている」と州議会で表明し、「保護具を配布する」と述べた。 スペイン当局は先月、1.5メートルのソーシャル・ディスタンス(社会的距離)が維持できない場合、屋内外でのマスク着用を義務化したが、カタルーニャ州では今回の措置によりソーシャル・デ...

スペイン、北西部で再びロックダウン 新型コロナ感染封じ込めへ

スペイン北西部のガリシア地方は5日、新型コロナウイルス感染者の増加を受け、約7万人の住民を対象に封鎖措置を再導入した。前日には北東部カタルーニャでも一部地域で行動制限が再び導入された。 ガリシアの封鎖措置はルーゴ県ア・マリーニャを対象に実施され、住民は5日深夜から10日まで他の地域への移動が禁止される。地元政府によると、ア・マリーニャ内部での移動は許可されるが、通勤の場合を除いて外部との往来は禁止される。 サンチェス首相は住民に対し、気を緩めないよう促した上で、感染拡大を早期に発見しており、医療提供...

スペイン、北部で再びロックダウン 新型コロナ感染封じ込めへ

スペイン北西部のガリシア地方は5日、新型コロナウイルス感染者の増加を受け、約7万人の住民を対象に封鎖措置を再導入した。前日には北東部カタルーニャでも一部地域で行動制限が再び導入された。 ガリシアの封鎖措置はルーゴ県ア・マリーニャを対象に実施され、住民は5日深夜から10日まで他の地域への移動が禁止される。地元政府によると、ア・マリーニャ内部での移動は許可されるが、通勤の場合を除いて外部との往来は禁止される。 サンチェス首相は住民に対し、気を緩めないよう促した上で、感染拡大を早期に発見しており、医療提供...

サッカー・スペイン1部 バルセロナ引き分け、マジョルカ久保はフル出場

サッカーのスペイン1部は27日、各地で試合を行い、バルセロナは敵地でセルタと2─2の引き分けに終わった。 バルセロナはルイス・スアレスが2得点をマーク。2回のリードを奪ったものの、守り切れなかった。 バルセロナは勝ち点69の暫定首位。1差のレアル・マドリードは28日、敵地でエスパニョールと対戦する。 久保建英が所属するマジョルカはビルバオに1─3で敗戦。久保はフル出場した。チームは暫定18位に低迷している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用...

スペイン、新型コロナ新規感染2桁台に 首相は封鎖措置6月21日まで「最後の延長」

スペインのサンチェス首相は31日、新型コロナウイルスの大流行を抑えるための封鎖措置について、6月21日まで15日間の「最後の延長」を議会に要請する考えを表明した。緊急事態宣言が解除されることになる。 「われわれが掲げた目標は概ね達成した」と述べ、国内の新型コロナ新規感染者が大幅に減少したことに深い安堵(あんど)を表明。 6月21日の緊急事態の終了とともに封鎖措置が緩和され、地域内での自由な移動が認められる。その後、7月1日からは国内の自由な移動が可能になる。 スペイン保健省によると、国内の新型コロナ...

ベルギー王子、新型コロナ感染 スペインで人数規制違反の集会参加か

ベルギーのフィリップ国王のおい(甥)で王位継承順位が第10位のジョアキム王子(28)は、スペインのパーティーに出席した後、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た。ベルギー王室の報道官が30日明らかにした。 このパーティーは26日にコルドバで開催され、地元メディアは一定以上の人数が集まっていたためロックダウン(都市封鎖)の規制違反だと伝えた。王室の報道官は、パーティー参加人数は確認できなかったと述べた。 王室によると、ジョアキム王子は24日にインターシップのためにスペインに渡航し、現在も滞在中。コル...

スペイン、7月から観光客受け入れ サッカー1部リーグも無観客で6月再開へ

スペインのサンチェス首相は23日、7月から外国人観光客を再び受け入れる方針を示すとともに、サッカー1部リーグの試合を無観客で6月8日から再開する計画を明らかにした。 新型コロナウイルス感染防止のための都市封鎖で国内経済は打撃を受けており、国民からは経済活動の早期再開を求める声が高まっている。また、極右政党ボックス(VOX)は、セイルの新型コロナ対応を巡り、首相の辞任を求めている。 サンチェス首相は記者会見で「安全策を講じた上で7月から外国人観光客を再び受け入れる。観光業がリスクとならないことを確実に...